メインメニューを開く

山沢 静吾(やまざわ せいご、1846年1月12日弘化2年12月15日) - 1897年3月30日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将従三位勲二等[1]男爵。別名・盛致、鉄之進。

山沢 静吾
Сейго Ямадзава.jpg
生誕 1846年1月12日
日本の旗 日本 薩摩国
死没 (1897-03-30) 1897年3月30日(51歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
最終階級 帝國陸軍の階級―肩章―中将.svg 陸軍中将
テンプレートを表示

目次

経歴編集

薩摩藩士・山沢十太夫の長男として生まれる。戊辰戦争に参戦し、1869年、第1大隊5番小隊長となり、同年、御親兵として上京。1871年、陸軍大尉任官。1872年、免本官となり牧畜研究のためアメリカに派遣される。1874年5月帰国し、同年10月、陸軍中佐に任官し、陸軍省出仕・陸軍生徒取締としてフランスに派遣される。1877年5月から翌年7月まで露土戦争観戦武官として派遣され、プレヴェン包囲戦に従軍、ロシアとルーマニアから軍功賞牌が下賜される[2][3]

歩兵第3連隊長や歩兵第1連隊長、近衛歩兵第1連隊長などを歴任し、1885年5月、陸軍少将に昇進。歩兵第3旅団長や歩兵第10旅団長、留守歩兵第9旅団長を経て、1895年1月、陸軍中将に昇進。留守第5師団長を経て、日清戦争第4師団長として出征した。

1895年12月、西南戦争・日清戦争の軍功を賞されて男爵を授けられる。

明治30年3月30日薨去。墓所は以前は青山霊園1-イ-10-1にあったが、現在は同霊園の2-イ-10付近にある立体埋蔵施設第2区に合葬されている。

栄典編集

親族編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 軍人顕彰会 鹿児島県出身軍人壱
  2. ^ 日・ブルガリア外交関係再開50周年とは
  3. ^ 外務省: 外交史料 Q&A 明治期 - Ministry of Foreign Affairs of Japan
  4. ^ 『官報』第2584号「叙任及辞令」1892年2月15日。
  5. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。
  6. ^ 『官報』第3131号「叙任及辞令」1893年12月5日。
  7. ^ 『官報』第3732号「叙任及辞令」1895年12月5日。
  8. ^ 『日本陸海軍総合事典』第2版、123頁。
  9. ^ 『平成新修旧華族家系大成』下巻、791頁。

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。

外部リンク編集


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
山沢(静吾)家初代
1895年 - 1897年
次代:
山沢幾太郎