メインメニューを開く
早川千吉郎

早川 千吉郎(はやかわ せんきちろう、文久3年6月21日1863年8月5日) - 大正11年(1922年10月14日)は、明治大正期の官僚実業家政治家

経歴編集

石川県金沢市出身。明治20年(1887年)、東京帝国大学法科大学政治学科卒業。明治22年(1889年)、同大学院農政学研究科修了。明治23年(1890年)1月、大蔵省入省。明治32年(1899年日本銀行監理官。明治33年(1900年)辞職。

明治34年(1901年)、三井銀行専務理事。明治42年(1909年)三井銀行常務取締役。大正7年(1918年)、三井合名会社副理事長。大正9年(1920年)から大正11年(1922年)まで貴族院議員。加越能(石川・富山県)出身者のための東京の寄宿舎「久徴館」の館長を長く務めたほか、1916年には、地方改良運動の実施機関として設立された半官半民の教化団体「中央報徳会」に青年部を創設し、理事長を務めるなど青年教育にも尽力した[1]1920年(大正9年)6月2日、貴族院勅選議員に任じられた[2]

大正10年(1921年)5月、南満洲鉄道株式会社社長に就任し、論稿「日支共存共栄」を雑誌『斯民』第17編第1号を発表[1]。在職中の大正11年(1922年)10月、奉天高等小学校で演説中に突然卒倒し[3]、死去。

栄典編集

親族編集

父の早川忠恕は石川県士族[6]。弟の外吉は湯浅七左衛門商店(現・ユアサ商事)に婿入りして七左衛門を襲名し、湯浅蓄電池製造(現・ジーエス・ユアサコーポレーション)を創業[7])。義弟(妹たちの夫)に井上友一、男爵山沢静吾

妻の里子(1875年生まれ)は金沢市御歩町出身で、17歳で結婚[8]。長男・忠吉(1898年生まれ)は東京帝国大学法学部政治科卒業後大蔵省に入り、妻・増子(宅孝二の姉)とともに2年間英国遊学ののち、三井信託に入行するも30代で退職、盆栽愛好家としても知られた[6][9][10]初台の2000坪の豪邸に暮らし、金策を頼みに行った中西悟堂は忠吉の桁違いの金銭感覚に「こいつ、どこまで無駄な金を持ってるんだろうか」と驚いたという[11]。白井家の養子となった次男白井泰次は中小企業金融公庫融资部長に、三男の白井浩司は慶應大学教授となった[12]

脚注編集

  1. ^ a b 財閥経営者とキリスト教社会事業家 II 瀬岡誠、国連大学人間と社会の開発プログラム研究報告、1983年
  2. ^ 『官報』第2350号、大正9年6月3日。
  3. ^ 『会員追悼録』p51日本工業倶楽部, 1925
  4. ^ 『官報』第3704号「叙任及辞令」1895年11月1日。
  5. ^ 『官報』第8454号「叙任及辞令」1911年8月25日。
  6. ^ a b 早川千吉郞『人事興信録』第4版 [大正4(1915)年1月]
  7. ^ 湯浅七左衛門『人事興信録. 第11版(昭和12年) 下』
  8. ^ 早川里子『日本婦人の鑑』 (婦人評論社, 1935)
  9. ^ 早川忠吉『人事興信録. 第11版(昭和12年) 下』
  10. ^ 『現代一流盆栽名木写真集』博文館、1937、p179
  11. ^ 『中西悟堂―かみなりさま (人間の記録 (11))』日本図書センター (1997/2/25)、p283-284
  12. ^ 『現代財界家系譜』 第1巻、現代名士家系譜刊行会、1968、p523