山洋電気

日本の東京都豊島区にある電気機器メーカー

山洋電気株式会社(さんようでんき)は、東京都豊島区南大塚に本社を持つ冷却ファンサーボモータステッピングモーター無停電電源装置(UPS)などを製造している会社である。1927年(昭和2年)創業。国内工場は長野県上田市周辺に集中している。

山洋電気株式会社
SANYO DENKI Co., LTD.
種類 株式会社
機関設計 監査役設置会社[1]
市場情報
東証1部 6516
1962年9月29日上場
本社所在地 日本の旗 日本
170-8451
東京都豊島区南大塚3-33-1
設立 1936年昭和11年)12月31日
(創業:1927年(昭和2年)8月
業種 電気機器
法人番号 1013301004808
事業内容 冷却ファン
サーボモータ
無停電電源装置
代表者 山本 茂生(代表取締役社長)
資本金 99億2600万円
発行済株式総数 1297万2187株
売上高 連結:747億9800万円
単体:702億6100万円
(2019年3月末日現在)
経常利益 連結:55億400万円
単体:46億5700万円
(2019年3月末日現在)
純利益 連結:40億6600万円
単体:34億9200万円
(2019年3月末日現在)
純資産 連結:562億7500万円
単体:464億2400万円
(2019年3月末日現在)
総資産 連結:894億8700万円
単体:756億9000万円
(2019年3月末日現在)
従業員数 連結:3175人,単体:1437人
(2019年3月末日現在)
決算期 3月31日
会計監査人 EY新日本有限責任監査法人[2]
主要株主 協同興業株式会社(15.25%)
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(5.74%)
主要子会社 山洋工業株式会社
山洋テクノサービス株式会社
外部リンク https://www.sanyodenki.co.jp/
テンプレートを表示

かつてはインテル純正CPUクーラーと言えば、ほとんどが同社の製品であった。

なお、ローマ字で"SANYO DENKI"とかかれることがあるが、大阪府守口市に本社のあるパナソニック傘下の家電メーカー三洋電機(英名:SANYO Electric Co.,Ltd.)や富田林市に本社がある綿棒メーカーの山洋とは関連がない。区別のため「やまようでんき」、「山洋(やまよう)」または「山電(やまでん)」等と呼ばれることもある。

沿革編集

  • 1927年(昭和2年) - 創業者 山本秀雄が、山洋商会創業。
  • 1936年(昭和11年) - 株式会社化。
  • 1942年(昭和17年) - 現社名に変更。
  • 1962年(昭和37年) - 東京証券取引所2部上場。
  • 2009年(平成21年) - 山洋工業を完全子会社化。
  • 2013年(平成25年)3月26日 - 東京証券取引所1部指定替え。

取扱製品編集

San Ace
ACファン/DCファン。尚、派生として廉価版としてSan Coolerという製品も存在する。
San Ace B
ブロアファン。
SAN ACE MC
CPUクーラー。LGA775以前のIntel製CPU向けCPUクーラーを扱っている。
SANUPS
無停電電源装置。
SANMOTION
ステッピングモータ、サーボモータ。

その他編集

特に主力製品であるSan Aceシリーズは、デザインはシンプルながら耐久性が高く、高品質とされ、主に自作パソコンを作る人たちの間では評価を得ており、またオウルテックなどのPCパーツメーカーは、PC制作に特化したファンを山洋電気に発注、入荷し、PC用部品として販売している。また山洋電気自体も自社でWebショップを運営しているため、個人でも山洋電気の製品は一個から直接注文することが可能である。

国内製造拠点編集

  • 神川工場 長野県上田市殿城5番地4
  • 富士山(ふじやま)工場 長野県上田市富士山4016番地
  • 塩田工場 長野県上田市五加517番地
  • 築地工場 長野県上田市築地827番地
  • ロジスティックセンター 長野県小県郡青木村殿戸252番地5
  • テクノロジーセンター 長野県上田市下之郷812番地3(上田リサーチパーク)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ コーポレートガバナンス報告書 2021年1月7日閲覧
  2. ^ 株主総会招集通知 2021年1月7日閲覧

外部リンク編集