日本マスタートラスト信託銀行

日本の東京都港区にある信託銀行
三菱UFJフィナンシャル・グループ > 三菱UFJ信託銀行 > 日本マスタートラスト信託銀行
日本生命保険 > 日本マスタートラスト信託銀行

日本マスタートラスト信託銀行株式会社(にほんマスタートラストしんたくぎんこう、: The Master Trust Bank of Japan, Ltd.)は、有価証券の保管や管理事務を行う日本の資産管理業務に特化する銀行信託銀行)である。株式三菱UFJ信託銀行などが保有している[2]

日本マスタートラスト信託銀行株式会社
The Master Trust Bank of Japan, Ltd.
種類 株式会社
機関設計 監査役会設置会社[1]
市場情報 非上場
略称 MTBJ
本社所在地 日本の旗 日本
105-0013
東京都港区浜松町二丁目11番3号
MTBJビル
設立 1985年(昭和60年)11月
(チェース・マンハッタン信託銀行)
業種 銀行業
法人番号 2010401041086 ウィキデータを編集
金融機関コード 0297
SWIFTコード MTBJJPJT
事業内容 資産管理サービス
情報統合サービス
代表者 代表取締役社長 向原敏和
代表取締役副社長 櫛部哲男
資本金 100億円
(2023年4月1日現在)
発行済株式総数 120,000株
(2023年4月1日現在)
売上高 318億8,200万円
(2023年3月期)
経常利益 12億6,200万円
(2023年3月期)
純利益 9億5,800万円
(2023年3月期)
純資産 263億5,800万円
(2023年3月期)
総資産 5兆5,875億1,100万円
(2023年3月期)
従業員数 1,020人
(2022年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 三菱UFJ信託銀行 46.5%
日本生命保険 33.5%
明治安田生命保険 10.0%
農中信託銀行 10.0%
(2023年4月1日現在)
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

概要 編集

常任代理契約等に基づく預り資産を含んだ管理資産残高合計は約615兆円である(2023年3月末現在)。

同業には日本カストディ銀行がある[注釈 1]

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の国内株式管理を請け負っており、実質的に持ち株のほとんどがGPIFの所有物である。

大阪オフィス(吹田市江坂大阪市淀屋橋)に大阪資産管理部を設置し、BCP対策のため東京とのデュアルオペレーション態勢を構築している[3][4][5][6]

沿革 編集

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 2020年7月27日、日本トラスティ・サービス信託銀行が、親会社JTCホールディングス及び 資産管理サービス信託銀行を吸収合併し、日本カストディ銀行に改称した。

出典 編集

  1. ^ コーポレートガバナンス態勢 - 日本マスタートラスト信託銀行株式会社
  2. ^ 日本マスタートラスト信託銀行株式会社”. www.mastertrust.co.jp. 2021年12月12日閲覧。
  3. ^ ディスクロージャー誌
  4. ^ 日本マスタートラスト信託、大阪で本社業務2割 BCP対策、機能拡充 | 日刊工業新聞 電子版
  5. ^ 日本マスタートラスト信託銀行株式会社 インタビュー記事 大阪市 大阪・関西でバックアップ拠点を構築されている企業等の取組事例をご紹介します
  6. ^ 日本マスタートラスト信託銀行株式会社 大阪府
  7. ^ チェース・マンハッタン信託銀行(株) 一般社団法人全国銀行協会 銀行変遷史データベース

外部リンク 編集