山田三方 (飛鳥・奈良時代)

 
山田三方
時代 飛鳥時代 - 奈良時代
生誕 不明
死没 不明
別名 御方、御形
官位 従五位上周防守
主君 持統天皇文武天皇元明天皇元正天皇
氏族 山田
テンプレートを表示

山田 三方(やまだ の みかた)は、飛鳥時代から奈良時代にかけての貴族学者。名は御方御形とも記される。官位従五位上周防守

経歴編集

僧侶として新羅留学して学問を修めたのち、持統天皇6年(692年)に還俗して務広肆に叙せられる。文武朝末の慶雲4年(707年)学問に優れていることを賞され、穀物を与えられた[1]

元明朝和銅3年(710年)に従五位下周防守に叙任される。元正朝では、養老4年(720年)に従五位上に昇進する。養老5年(721年)正月に佐為王山上憶良らと共に退朝後に教育係として皇太子・首皇子(のちの聖武天皇)に侍すよう命じられ[2]、さらに同月元正天皇が学問に優れた者を褒賞した際には、文章に優れるとして15疋・絹糸15絇・麻布30端・鍬20口を賜与されている[3]。養老6年(722年)には周防守在任中に官物を不正に横領した罪について、本来は免官となるべきところ恩赦により赦される。さらには盗み取った官物の弁償についても、家に一尺の布すらないこと、およびそれまでの学者としての功績を考慮され、特別に免除された[4]

人物編集

懐風藻』に大学頭在任時に作成した3首の漢詩作品が採録されている。『万葉集』に4首の和歌を載せる三方沙弥と同一人物とする説もある[5]

官歴編集

注記のないものは『六国史』による。

脚注編集

  1. ^ 『続日本紀』慶雲4年4月29日条
  2. ^ 『続日本紀』養老5年正月23日条
  3. ^ 『続日本紀』養老5年正月27日条
  4. ^ 『続日本紀』養老6年4月20日条
  5. ^ 『万葉集代匠記』
  6. ^ 『懐風藻』

参考文献編集