山田勇 (経済学者)

日本の経済学者・統計学者

山田 勇(やまだ いさむ、1909年8月12日[1] - 1986年4月26日)は、日本の経済学者統計学者。1961年一橋大学経済学博士、1973年同大学名誉教授。1975年日本統計学会会長。国民経済計算産業連関分析など計量経済学分野の研究で知られる。著書に『経済通論』・『産業連関の理論と計測』など、論文多数。訳書にW.J.ボーモル『経済動学序説』(共訳)・J.E.ミード『経済成長の理論』(監訳)など。[2]

指導学生に山澤逸平(一橋大学名誉教授)、島久代千葉大学名誉教授)[3]など。

主な経歴編集

戦前編集

戦後編集

栄典編集

  • 1973年4月 一橋大学名誉教授[4]

著作物編集

著書・編著・共編著編集

訳書編集

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 2 (学術・文芸・芸術篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、1143頁。
  2. ^ この記事の主な出典は、亜大紀要 (1986)小川 (1986)および板垣, 山田 & 内田 (1981)
  3. ^ 「 昭和36年度学位授与論文及び単位修得論文要旨」
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m 亜大紀要 1986, p. 156.
  5. ^ a b 板垣, 山田 & 内田 1981, pp. 119-120.
  6. ^ 板垣, 山田 & 内田 1981, p. 121.
  7. ^ 板垣, 山田 & 内田 1981, pp. 124-125.
  8. ^ 板垣, 山田 & 内田 1981, pp. 123-124.
  9. ^ フォーラム 1998, p. 38.
  10. ^ 板垣, 山田 & 内田 1981, pp. 135-136.
  11. ^ 日本経済学会 (2014年). “日本経済学会小史”. 2016年9月14日閲覧。
  12. ^ 日本経済学会 (2014年). “日本経済学会小史 > 日本経済学会史編纂資料 > 歴代会長・常任理事・理事メンバー一覧 > 1969年度から2009年度 (pdf)”. 2016年9月14日閲覧。
  13. ^ 亜大紀要 (1986, p. 156)では、理論・計量経済学会理事、としている。
  14. ^ 山田 1961.
  15. ^ 板垣, 山田 & 内田 1981, p. 115.
  16. ^ a b 小川 1986, p. 144.
  17. ^ a b c d e f g h i 亜大紀要 1986, p. 157.
  18. ^ 小川 1986, p. 145.
  19. ^ 小川 1986, pp. 144-145.

参考文献編集

  • フォーラム『日本の英領マラヤ・シンガポール占領 : 1941~45年 : インタビュー記録』33、「日本の英領マラヤ・シンガポール占領期史料調査」フォーラム、龍溪書舎〈南方軍政関係史料〉、1998年。ISBN 4844794809
  • 小川, 春男「山田勇先生の御退任を惜しんで、そして、御急逝を悼んで」『亜細亜大学経済学紀要』第11巻第2号、亜細亜大学経済学会、1986年9月、 144-146頁、 NAID 110000183301
  • 亜大紀要「山田勇先生略歴・主要著作目録」『亜細亜大学経済学紀要』第11巻第2号、亜細亜大学経済学会、1986年9月、 156-157頁、 NAID 110000183301
  • 板垣, 与一山田, 勇内田, 直作「板垣与一氏・山田勇氏・内田直作氏 インタヴュー記録」『インタヴュー記録 D.日本の軍政』6、東京大学教養学部国際関係論研究室、東京大学教養学部国際関係論研究室、1981年、115-168頁。
  • 家本, 秀太郎「書評 山田勇著『産業連関の理論と計測』」 (pdf) 『国民経済雑誌』第104巻第6号、神戸大学経済経営学会、1961年12月、 85-91頁、 NAID 1100004416352016年9月14日閲覧。

関連文献編集

  • 故山田勇先生追想文集編集世話人会『理論と計量に徹して‐山田勇先生追想文集』論創社、1987年4月。NCID BN05592015