メインメニューを開く

山田 景隆(やまだ かげたか)は、戦国時代武将今川家の重臣で同家の三河奉行人とも。今川軍侍大将及び中陣左翼副大将。弘治から永禄初期には松平広忠が早世して城主不在となった岡崎城の城代を勤めた。家紋は丸に二つ引(引両紋)。

 
山田景隆
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 永禄10年(1567年)?
別名 景高、通称:新左衛門尉、右近衛門尉
主君 今川義元氏真
氏族 清和源氏満政流山田氏
川手良則

目次

経歴編集

三河国の山田氏は、建武2年(1335年)に山田頼範尾張国山田郡から移ったことに始まるという。三河の川手城愛知県豊田市川手町)を居城とし、菅沼氏以前に武節城愛知県豊田市武節町)にも拠点を築いていたとされる。

三河奉行人編集

今川家における三河方面の奉行人であったとされる。 天文20年(1551年)12月2日付けで、松平甚太郎(忠茂)宛に「山新 景隆」名儀で飯尾乗連(豊前守)・二俣持長(近江守)らと連署を加えた血判起請文が知られている。文書の内容から山田景隆ら連署の3名は三河方面の今川方諸士に対し軍事指揮権を持っていたと推測されている[1]。親今川である松平忠茂を後援。織田家に近い桜井松平家大給松平家を圧迫した。

岡崎城代編集

弘治2年(1556年)に徳川家康(当時は松平元信)が今川義元の許しを得て、亡父広忠の法要のため本来の居城である岡崎城に戻った際、岡崎城本丸に居た今川方城代山田景隆に遠慮して、家康自身は二の丸に入って景隆に諸事の意見を仰ぐとしたといわれ、今川義元がその話を耳にして「この人若輩に似合わぬ分別厚き人なり」と家康に感心したという逸話が残る[2][3][4]

桶狭間の戦いとその後編集

永禄3年(1560年)5月19日、桶狭間の戦い今川義元が討死を遂げると、景隆はこれに併せて岡崎城を捨城とした。このため敗走してきた元康(家康)は帰城することができた[注釈 1]

以降は駿府へ戻り、晩年は家臣の離反が相次いだ今川氏真の元で苦労したと思われるが不詳。永禄10年?(1567年?)没。

景隆の没年は不詳だが、子の良則は今川氏滅亡後は山県昌景に仕え、武田氏滅亡後は赤備えを引き継いだ井伊直政の家臣となった。

史料編集

  • 「河手若宮鰐口」 - この鰐口は銘文に「河手若宮鰐口大旦那宗泰新次郎景隆 天文二十二年(1553年)霜月吉日」とある。宗泰新次郎景隆とは、今川氏に仕え勢力を揮った山田景隆のことである。山田氏の歴史資料としてとても貴重なものである(豊田市博物館)。
  • 「岡崎城代山田景隆等連署血判起請文」(観泉寺所蔵文書)、『今川氏と観泉寺』547頁。

出典編集

  1. 観泉寺史編纂刊行委員会編 『今川氏と観泉寺』 吉川弘文館、1974年。
  2. 中村孝也 『徳川家康の族葉』 講談社 1965年。
  3. 小和田哲男 『今川義元のすべて』 新人物往来社 1994年、ISBN 4-404-02097-X C0021

脚注編集

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ 景隆の行動は、無血開城を謀って今川・松平双方の戦闘を避け、または人質から開放された元康を迎えるためとも考えられるが、詳細の記述は軍記等にはない。[要出典]

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 観泉寺史編纂刊行委員会編 『今川氏と観泉寺』547-550頁、吉川弘文館、1974年。
  2. ^ 大道寺友山『岩淵夜話』
  3. ^ 中村孝也『徳川家康公伝』
  4. ^ 中村孝也 『徳川家康の族葉』 190頁