山田 浩康(やまだ ひろやす、1971年あるいは1972年[1] - )は、日本演芸作家俳優声優山田康雄を父に持つ[2]

略歴編集

山田康雄の長男として生まれ、演芸作家・元木すみおに弟子入りする[2]おぼん・こぼんや東京漫才界の若手たちの漫才台本、春風亭昇太などの落語脚本、テレビの構成作家、舞台脚本などを担当している[2][3]

ルパン三世』のルパン三世役で知られた父の死後、ルパン三世役を引き継いだ栗田貫一によると、父と声がそっくりとの事である。栗田が「コツを教えるからルパンをやってみないか?」と持ちかけたが断られたと語っている。

受賞歴編集

  • 大衆芸能脚本募集(国立演芸場主催) 第2回(2001年)漫才部門佳作「明るい老後生活」[4]
  • 大衆芸能脚本募集(国立演芸場主催) 第3回(2002年)落語部門佳作「となりの芝生」[5]
  • 新作落語台本発表落語会(落語協会主催) 2006年優秀賞「娘さんをください」[6]
  • 上方落語台本大賞(上方落語協会主催) 第5回(2012年)優秀賞「娘のカレシがやって来る」[7]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 父の康雄が死去した際、23歳と報道されているため。
  2. ^ a b c 「「ルパン3世」故山田康雄さん長男 漫才部門入選」、スポーツニッポン、2002年3月13日。
  3. ^ 右近良之オフィシャルサイト (n.d.). “2012、今後の予定 ■「HI-School」出演”. 2013年3月23日閲覧。
  4. ^ 「脚本募集結果決まる 大衆芸能、ラジオドラマ」、朝日新聞東京夕刊、2001年3月21日、19頁。
  5. ^ 「落語・講談6作が入賞 「大衆芸能脚本」公募」、朝日新聞東京夕刊、2001年4月1日、11頁。
  6. ^ 「新作落語の台本2作品に優秀賞」、産経新聞東京朝刊、2006年12月18日、18頁。
  7. ^ 「第5回上方落語台本大賞 優秀・佳作5点を発表」、読売新聞大阪夕刊、2012年12月10日、13頁。