メインメニューを開く

岐阜各務原インターチェンジ

日本の岐阜県各務原市にある東海北陸自動車道のインターチェンジ

岐阜各務原インターチェンジ(ぎふかかみがはらインターチェンジ)は、岐阜県岐阜市各務原市にある東海北陸自動車道インターチェンジ岐阜県警察 高速道路交通警察隊各務原分駐隊が併設されている。岐阜県内の名神高速道路中央自動車道東海北陸自動車道の中では最も交通量を当インターチェンジが抱えている。

岐阜各務原インターチェンジ
岐阜各務原インターチェンジ(入口料金所)
岐阜各務原インターチェンジ(入口料金所)
所属路線 E41東海北陸自動車道
IC番号 4
料金所番号 01-234
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0021.svg 岐阜 各務原
起点からの距離 13.3 km(一宮JCT起点)
川島PA (2.0 km)
(12.2 km) 関IC
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0021.svg国道21号
供用開始日 1986年3月5日
通行台数 21,137台/日(2007年10月度)
所在地 504-0934
岐阜県各務原市大野町1-222
テンプレートを表示

目次

概要編集

東海北陸自動車道の岐阜県最南端のインターチェンジ。

1986年3月に東海北陸道初の開通区間(岐阜各務原IC - 美濃IC)として開設された。

岐阜市・各務原市・北方町などの最寄りインターチェンジであり、東海北陸道のインターチェンジの中では最も日平均出入り交通量が多い。

ETCレーンは当初入口・出口で1レーンずつしか設置されなかったが、後にそれぞれ1レーンずつ増設された(入口のうち1つは兼用タイプ)。

道路編集

料金所編集

  • ブース数:8

入口編集

  • ブース数:3
    • ETC専用:1
    • ETC・一般:1
    • 一般:1

出口編集

  • ブース数:5
    • ETC専用:2
    • 一般:3

開通当初の扱い編集

  • 開設当初から美並ICが開通するまでは料金先払い方式となっていた。
    • 料金所にて係員に降りるインターを報告して料金を支払い、美濃ICまで向かう場合は支払い証明書(出口券)を受け取り同IC出口料金所で係員に渡して流出する。
    • 関ICまでの場合は領収書のみが渡されていた(当時関ICの料金所施設は未設置だった)。
    • 仮に関ICまで向かうと嘘の報告をして美濃ICまで向かっても、支払い証明書が無い場合は関ICから入ったと見なされて同区間の料金を係員から請求されるため、結果的に料金が割高となってしまっていた。

接続する道路編集

周辺編集

 
南側の木曽三川公園138タワーパークのツインアーチ138から望む岐阜各務原インターチェンジ周辺

編集

E41東海北陸自動車道
(3)一宮木曽川IC - 川島PA - (4)岐阜各務原IC - (5)関IC

関連項目編集

外部リンク編集