岐阜県道352号大西瑞浪線

日本の岐阜県の道路
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
岐阜県道352号標識

岐阜県道352号大西瑞浪線(ぎふけんどう352ごう おおにしみずなみせん)とは、岐阜県加茂郡八百津町と同県瑞浪市を結ぶ一般県道(岐阜県道)である。

一般県道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
岐阜県道352号標識
岐阜県道352号大西瑞浪線
起点 岐阜県加茂郡八百津町潮見大西
主な
経由都市
八百津町
瑞浪市
終点 岐阜県瑞浪市土岐町
接続する
主な道路
記法
本文参照
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

 
岐阜県道352号大西瑞浪線、瑞浪市土岐町にて

起点は酷道を趣味対象とする人にとっては有名な国道418号の通行不能区間上にある。起点から、木曽川(一帯は深沢峡と呼ばれる)に掛かる五月橋や霧ヶ滝と呼ばれる景勝地を経由する約1kmの区間は長年に渡って通行止めとなっており、事実上の車両通行不能区間であった。なお、この区間は徒歩での通行は可能であったがハイキングコースのように整備されているとはいえず、落石注意を喚起する看板が立っているほか有害鳥獣やスズメバチ・ヒルなども確認されており、2011年7月23日までに五月橋南端と瑞浪市衛生センターにそれぞれチェーンが張られ通行禁止の標識が立てられた。

1970年代までは、起点付近の五月橋から丸山ダムまで遊覧船が運航されており、近年においても茶店などの跡が残っている。

当路線の始点付近にて、新丸山ダムが建設されている。鳩山政権交代後、事業仕分けに伴いダム事業は一旦凍結となったが、2013年(平成25年)7月31日、国土交通省は、当事業を継続[1]とした。ダム建設に伴い、当県道の付け替え工事が予定されており、完成すると当路線の始点付近の事情が一変すると思われる。

路線データ編集

 
国道19号への接続部の終点(瑞浪市土岐町)
  • 終点:岐阜県瑞浪市土岐町(同市明世町山之内と表記されている資料有)(=国道19号交点)

重複区間編集

通過する自治体編集

主な接続道路編集

周辺編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 新丸山ダム、川内沢ダム、波積ダム、矢原川ダム、有田川総合開発事業に関する国土交通省の対応方針について