メインメニューを開く

岡田 宗芳(おかだ むねよし、1917年3月12日 - 1942年)は、日本プロ野球黎明期の選手、大阪タイガース創立期の遊撃手。戦死したプロ野球選手の一人。強肩の持ち主、後楽園のホームプレートからレフトスタンド通路まで遠投できたとされる。

岡田 宗芳
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県広島市
生年月日 1917年3月12日
没年月日 1942年
身長
体重
164 cm
56 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手二塁手
プロ入り 1935年
初出場 1936年
最終出場 1940年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

広島県広島市出身[1]1926年から1929年にかけて甲子園で4度決勝に進んだ広陵中(現・広陵高)は、岡田が最上級となった1935年再び、白石勝巳海蔵寺弘司戒能朶一門前眞佐人秋山正信室脇正信ら7人がプロ入りするという強力打線を形成。前年の夏の甲子園に全国制覇した藤村富美男率いる呉港中(現・呉港高校)をようやく倒し春選抜に出場、決勝まで勝ち進むがこのころ黄金時代を迎えていた東海勢県立岐阜商業に惜敗。

この年創設された大阪タイガースの田中義一(のち2代目球団社長)に誘われ12月6日入団。背番号タイガース初代3[1]。まだ広島カープが創設されていなかった事も有り、岡田の他に藤村、門前、小川年安平桝敏男と5人の広島出身者が同年入団[2][3]。初年度登録選手19人のうち、5人。2年目の1937年は、これに広田修三塚本博睦原一朗上田正奈良友夫が加わり(小川は1年で退団)、全26人中9人と出身県別でいずれも最多を数えた[2]。広島出身者なしではチームが結成できない程で[4][5][6]、その後も石本、藤村、門前、岡田らの中学の後輩がタイガース入りした。さらに出目を広島に持つ若林忠志田中義雄堀尾文人も合わせると阪神創設期の主力は広島出身者、関係者が多かった[2]

創設にあたりタイガースは、有力内野手として享栄商業瀧野通則と契約したが、瀧野が一方的に契約を解除して法政大学に入学し、職業野球史上処罰選手第一号となった。このため、タイガース内野手は岡田、松木謙治郎伊賀上良平と3人しかおらず、やむなく投手だった景浦将、藤村富美男、御園生崇男(多少内野手経験があった)の三人を投手兼野手として使うこととなった[注釈 1]

1936年、プロ野球リーグが開幕。岡田は好守の遊撃手として「タ軍の明星」と呼ばれる活躍を見せ[1]1937年秋の阪神初優勝、翌1938年春の連続優勝に貢献。非常に肩が強く、遠投で後楽園球場のホームプレートからレフトスタンド通路までボールを投げ込んだ、と言われる。

その一方で、1938年秋シーズンから二塁手に回ることも多くなり、本堂保次皆川定之と併用されるようになった。入団6年目の1940年応召[1]。藤村富美男とは「チョビ」「フジさん」と愛称で呼び合う大の仲良しで、やはり従軍中の藤村と中国華北駐屯地で再会[1][5]。話がはずんだが翌朝、藤村がもう一度岡田をたずねたところ部隊は、すでに南方戦線に向けて出発したあとだった[1]。1942年ニューギニア戦線で死亡(と記録には残るが没日ほか詳細は不明)。享年25。東京ドーム敷地内にある鎮魂の碑に、彼の名前が刻まれている。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1936春夏 大阪
阪神
15 59 51 6 15 4 0 0 19 7 2 -- 0 -- 7 -- 0 2 -- .294 .379 .373 .752
1936 29 109 93 14 16 2 1 0 20 7 2 -- 1 -- 15 -- 0 11 -- .172 .287 .215 .502
1937 51 206 168 20 34 9 1 1 48 19 3 -- 7 -- 31 -- 0 18 -- .202 .327 .286 .612
1937 46 181 158 28 38 5 1 0 45 10 3 -- 1 -- 21 -- 1 12 -- .241 .333 .285 .618
1938 33 122 101 16 23 2 0 0 25 12 7 -- 1 -- 19 -- 1 10 -- .228 .355 .248 .603
1938 22 68 50 6 9 1 0 0 10 3 1 -- 1 -- 15 -- 2 4 -- .180 .388 .200 .588
1939 60 184 145 23 34 5 1 1 44 13 4 -- 4 1 32 -- 2 15 -- .234 .380 .303 .683
1940 13 51 45 4 12 2 0 1 17 8 1 -- 1 1 4 -- 0 2 -- .267 .327 .378 .704
通算:5年 269 980 811 117 181 30 4 3 228 79 23 -- 16 2 144 -- 6 74 -- .223 .344 .281 .626
  • 大阪(大阪タイガース)は、1940年途中に阪神(阪神軍)に、1946年に大阪(大阪タイガース)に球団名を変更

背番号編集

  • 3(1936年 - 1940年)

関連項目編集

注釈編集

  1. ^ その後、1936年のシーズン中に、加藤信夫小島利男の2名の内野手が新たにタイガースに加入している。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f “戦後70年 戦争とアスリート 広島 <1> 野球 岡田宗芳(1917~42年) 広陵中→大阪タイガース”. 中国新聞 (ヒロシマ平和メディアセンター). (2015年6月30日). オリジナルの2015年10月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151028053053/http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=46464 2015年10月28日閲覧。 
  2. ^ a b c 内田雅也 (2011年11月24日). “連載『猛虎人国記』(2) ~広島県(下)~”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). オリジナルの2015年10月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151028060912/http://www.sponichi.co.jp/baseball/yomimono/mouko/kiji/K20120327002918780.html 2015年10月28日閲覧。 
  3. ^ 新社長 日本通運 岡部正彦|週刊ダイヤモンド|
  4. ^ サンデー毎日1975年9月28日号、p133-134
  5. ^ a b 『阪神タイガース 昭和のあゆみ』株式会社阪神タイガース、1991年、p19、30
  6. ^ 岡田宗芳|クラシックSTATS鑑賞 阪神-6 « 野球の記録で話したい

参考文献編集

外部リンク編集