メインメニューを開く

広田 修三(ひろた しゅうぞう、1914年8月28日 - 没年不詳)は広島県出身の元プロ野球選手名古屋金鯱軍創設時の捕手[1]

広田 修三
基本情報
出身地 日本の旗 日本広島県
生年月日 1914年8月28日
没年月日 不詳年
身長
体重
167 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1936年
初出場 1936年2月9日
最終出場 1944年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)


目次

来歴・人物編集

松本商業(現:広島県瀬戸内高等学校)で上田正とチームメイト。入社した広島専売局(現・JT広島支局)で濃人渉らと同期となる。1936年名古屋金鯱軍創設に参加[1]。同年2月9日東京巨人軍との日本初のプロ球団同士の試合(現在のプロ野球組織に属する球団同士の初試合)に四番先発出場した。しかしそれ以外は出場のチャンスが少なく自ら移籍を希望、同年の内に石本秀一監督の勧めで大阪タイガースに移籍。広島県人つながりで、タイガースの移籍入団第1号であった[2]。当初阪急軍が交渉を持ったため、阪急だけには渡したくない、と金鯱軍と交換条件などで揉めた。前年正捕手であった小川年安が軍に召集されたため、小川に代わる選手として期待されたが門前眞佐人田中義雄らが正捕手であった。1940年にはライオン軍に移籍。1942年には105試合に出場し1944年オフに退団した。

非常に肩の強い選手であったが、打撃が課題でスタメンを得ることができなかった。

戦後の1946年平桝敏男倉本信護田部輝男濃人渉門前眞佐人道仏訓岩本信一橋本正吾らと広島駅前で映画館パチンコ屋キャバレーなどを経営していた広島鯉城園のノンプロチームに参加。この年の夏、戦後初の都市対抗野球大会に出場(倉本と田部は直前に東京カッブスに参加したため不出場)。初戦で優勝した大日本土木に延長戦で惨敗した。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1936春夏 金鯱 11 45 37 3 4 0 1 0 6 10 0 -- 0 -- 7 -- 1 8 -- .108 .267 .162 .429
1936 23 79 74 9 14 1 1 0 17 6 4 -- 0 -- 5 -- 0 11 -- .189 .241 .230 .470
1937 大阪 16 46 36 6 6 3 1 0 11 4 0 -- 0 -- 9 -- 1 6 -- .167 .348 .306 .653
1937 18 31 21 2 2 2 0 0 4 4 0 -- 1 -- 9 -- 0 4 -- .095 .367 .190 .557
1938 7 12 11 2 2 0 0 1 5 2 0 -- 0 -- 1 -- 0 0 -- .182 .250 .455 .705
1939 15 42 34 5 5 0 0 0 5 0 0 -- 0 0 8 -- 0 7 -- .147 .310 .147 .457
1940 ライオン
朝日
86 284 238 8 40 10 3 0 56 16 1 -- 5 0 40 -- 1 59 -- .168 .290 .235 .526
1941 45 128 102 9 24 6 0 0 30 5 2 -- 3 -- 22 -- 1 20 -- .235 .376 .294 .670
1942 105 387 341 12 42 8 1 1 55 16 8 1 4 -- 41 -- 1 69 -- .123 .219 .161 .381
1943 44 147 131 7 21 0 0 0 21 2 1 0 0 -- 16 -- 0 25 -- .160 .252 .160 .412
1944 15 43 37 2 9 1 0 0 10 3 0 0 1 -- 5 -- 0 4 -- .243 .333 .270 .604
通算:9年 385 1244 1062 65 169 31 7 2 220 68 16 1 14 0 163 -- 5 213 -- .159 .274 .207 .481
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • ライオン(ライオン軍)は、1941年に朝日(朝日軍)に球団名を変更

背番号編集

  • 5 (1936年)
  • 7 (1937年 - 1939年)
  • 3 (1940年 - 1943年)
  • 1944年は背番号制廃止

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ a b 島秀之助『白球とともに生きて』ベースボールマガジン社、1988年、25 - 26頁。ISBN 4-583-02724-9
  2. ^ スポーツニッポン、連載「内田雅也の猛虎人国記② 広島県㊦」、内田雅也、2011年11月24日2面。

関連項目編集