メインメニューを開く

岡田 誠一(おかだ せいいち、1964年11月 - 2013年8月28日[1])は、日本の鉄道研究家鉄道写真家である。

横浜市交通局勤務。鉄道友の会元会員。

略歴編集

1964年11月神奈川県川崎市出身。

高等学校卒業後に横浜市交通局に入局。横浜市営地下鉄で駅務員や乗務員を務めた後、交通局本局の勤務に移動し、広報担当係長となった。その後、横浜市交通局を退局する。

退局後は鉄道研究家として本格的に活動を開始し、鉄道雑誌への記事の寄稿や、自著の執筆・発行を積極的に行うようになった。主な活動範囲は鉄道の歴史、特に鉄道車両の発達の歴史(そのほとんどが客車気動車である)を中心に活動し、文献や資料の整理や収集も得意分野としていた[1]。収集した文献や資料の数は鉄道研究家では多い方に属する。

鉄道友の会東京支部では客車気動車研究会の代表を務めた実績もある。また、同会の代表の一人として運営や後進の育成に積極的であった。

2013年8月28日16時39分(日本時間)、死去。死没地や病名は明らかにされておらず、葬儀も家族葬で行われた[1]

主な著書編集

その他、鉄道ピクトリアル鉄道ファンレイルマガジンなどの雑誌への寄稿多数。

脚注・出典編集

参考文献編集

関連項目編集

  • 星晃 - 同じく鉄道友の会会員。岡田の逝去の8ヶ月前に逝去。星は岡田とは長年の交流があった。