横浜市交通局

横浜市交通局(よこはまし こうつうきょく、: Transportation Bureau, City of Yokohama)は、神奈川県横浜市地方公営企業の一つ。横浜市域の公営交通事業である、市営バス市営地下鉄を運営している。

横浜市交通局
Transportation Bureau, City of Yokohama
Yokohama City Transportation Emblem.svg
横浜市交通局が入居する横浜花咲ビル
横浜市交通局が入居する横浜花咲ビル
種類 地方公営企業
本社所在地 日本の旗 日本
220-0022
横浜市西区花咲町六丁目145番地 横浜花咲ビル6階・7階・10階
(登記上は横浜市役所内横浜市中区港町一丁目1番地)
設立 1921年大正10年)4月1日
業種 陸運業
事業内容 高速鉄道事業、乗合バス事業、広告事業、公有財産貸付事業
代表者 交通事業管理者(交通局長) 加賀生雄
従業員数 高速鉄道事業:938人
自動車事業:1,330人
再任用職員及び嘱託員を含む合計:2,521人
(平成28年度包括外部監査結果[1]より)
主要子会社 横浜交通開発株式会社、一般財団法人横浜市交通局協力会
外部リンク http://www.city.yokohama.lg.jp/koutuu/index.html
テンプレートを表示
横浜市営地下鉄3000形
横浜市営バス

大正時代から横浜市街で横浜市電を運営していたが、高度経済成長期に発生した道路渋滞による客離れで経営の大幅悪化により全廃となった。その後は現在に至るまでバスと地下鉄(高速鉄道)を主要事業としている。2011年平成23年)実績の一日平均乗車人員は、バスが約33万人、地下鉄が約60万人[2]と、横浜市の街づくりの基盤として重要な役割を担っている。

経営的には地方交通で唯一黒字の時期もあったが、地下鉄事業の低迷により2000年頃にかけて再び赤字が拡大した。検討委員会答申に従って再建を進めた結果、2010年決算にて地下鉄・自動車事業揃って営業損益・経常損益・純損益すべてにおいて黒字を達成[3]するなど、公営交通事業としては比較的黒字基調の運営を続けている[4]

目次

沿革編集

組織構成編集

※ いずれも2015年4月1日現在[5]

関連団体編集

はまりん編集

 
LCD車内案内板に表示されたはまりん(2008年1月19日、川和車輛基地にて撮影)
 
はまりんがラッピングされた市営バス(2007年8月11日、新横浜駅前にて撮影)

はまりんは、1998年(平成10年)10月10日に制定された横浜市交通局のマスコットキャラクターである。名前は一般公募より採用され、横浜・浜っ子の「はま」、車輪の「りん」、海の「まりん」が由来とされている。生誕地は神奈川県横浜市、誕生日は1998年10月10日という設定である。

交通局の広報や決算書などのほか、装飾、イベントにて頻繁に使用されており、横浜市交通局協力会が運営するコンビニ店舗や市電保存館(オンラインショッピングサイト含む)にてグッズが販売されている。また、特別装飾の「はまりん号」車両も運用され、利用者の認知度は交通事業者のマスコットキャラクターとしては比較的高いものとなっている。

はまりんフェスタ編集

市営交通お客様感謝祭として毎年、市営交通の取り組みや仕事が学べるイベント「はまりんフェスタ」が開催される。新羽・上永谷・川和町にある車両基地のいずれか一箇所で行われる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 平成28年度 包括外部監査の結果に関する報告書 交通事業について 横浜市監査委員 記者発表資料より
  2. ^ 第9章 道路、運輸及び通信 横浜市統計ポータルサイト
  3. ^ 平成22年度決算(速報) 横浜市交通局 予算・決算報告
  4. ^ 2016年現在で地方交通で黒字化を達成しているのは大阪市交通局程度しかない。
  5. ^ 交通局組織表 横浜市交通局 組織

関連項目編集

外部リンク編集