メインメニューを開く

岩切 重雄(いわきり しげお、1888年1月28日[1] - 1980年1月27日)は、日本政治家衆議院議員(4期)、鹿児島市長(第13代)。

岩切 重雄
いわきり しげお
Shigeo iwakiri.jpg
生年月日 1888年1月28日
没年月日 1980年1月27日(満91歳)
出身校 東京帝国大学政治学科
前職 鹿児島市助役
大蔵大臣秘書官
所属政党 政友本党(立憲民政党

当選回数 4回
在任期間 1920年 - ?

当選回数 1回
在任期間 1944年 - 1945年
テンプレートを表示

経歴編集

鹿児島一中 (旧制)第一高等学校 (旧制)を経て[2]、1914年東京帝国大学政治学科卒業。その後鳥取県属、同警視鹿児島市助役大蔵大臣秘書官を務め、1920年の第14回衆議院議員総選挙政友本党(のち立憲民政党)から立候補して初当選。以後4期務めた。

浜口内閣商工参与官斉藤内閣商工政務次官を務め、1944年から翌年まで鹿児島市長を務めた。戦後、公職追放となり[3]、追放解除後の1952年の総選挙に立候補したが落選。その後は交詢社常議員議長などを務めた。

元秘書編集

親族編集

脚注編集

  1. ^ 『日本の歴代市長』第3巻、745頁。
  2. ^ 南日本新聞社『郷土人系 上』(春苑堂書店、1969年)p111
  3. ^ 『鹿児島市史第2巻』 pp.35-37 - 鹿児島市、1970年

参考文献編集

  • 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』(衆議院、1990年)
  • 新訂 政治家人名事典 明治~昭和』(2003年、編集・発行 - 日外アソシエーツ、77頁)
  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第3巻、歴代知事編纂会、1983年。
公職
先代:
久米成夫
  鹿児島市長
13代:1944 - 1945
次代:
勝目清