メインメニューを開く

岩川 友太郎(いわかわ ともたろう、安政元年12月8日1855年1月25日[1] - 昭和8年(1933年5月2日[2])は日本の教育者、動物学者。分類学的手法に基づく目録を、日本で初めて上梓したことでも知られる[3]

岩川 友太郎
生誕 1855年1月25日安政元年12月8日
日本の旗 日本
死没 (1933-05-02) 1933年5月2日(78歳没)
国籍 日本の旗 日本
研究分野 動物学
プロジェクト:人物伝

目次

来歴編集

陸奥国弘前(現青森県弘前市[2]にて、父豊吉、母いちの長男として生まれる[4]。豊吉は貧しい表具師であったが、祖父は国文学者として津軽藩校で教鞭を執っていた[4]。生活苦のため小僧に出されたものの、叔父岩川藤兵衛の伝手を頼り、15歳で藩の海軍局へ入局、機関学を学ぶこととなる[4]

藩校で英語を学んだ後、当時新設されたばかりの東奥義塾1872年11月27日創設)にて英語教師に就く[4]宣教師として弘前に赴任したチャールズ・ウォルフ東北地方初の米人英語教師でもある)から英語の指導を受けるが、語学力向上を目的に東京外語学校(現東京外国語大学)に進学[4]。同校卒業後は開成学校及び東京大学にも進学を果たす[4]

東大では生涯の恩師となる、大森貝塚発見で名高いエドワード・S・モースに出会い[4]、モースの直弟子となる[3]。モースは日本に初めて生物学を導入しているが、後任のチャールズ・オーティス・ホイットマンからも厚き薫陶を受け、貝類学の研究に励む[4]

1881年理学部生物学科を卒業。同学科初の卒業生であった[3]

東京高等師範学校(現筑波大学)を経て[4]1898年には女子高等師範学校(現お茶の水女子大学教授に着任[2]、日本の貝類研究の草分け的存在となった[4]。女子高師では動物、生理および衛生の授業を担当、後に同校の名誉教授に就く[5]

1933年5月2日死去。[2]

栄典編集

位階
勲章等

エピソード編集

  • ゴキブリ江戸時代より「ゴキカブリ」(御器かぶり)とも呼ばれていたが、岩川も編纂に加わった『生物学語彙』(1884年刊行)では、ゴキカブリを意味する「蜚蠊」という漢語に一ヶ所誤って「ゴキブリ」というルビが振られてしまう。以後この和名が各種出版物にも転載されることにより、定着したという[8]

主著編集

脚注編集

  1. ^ 磯野直秀『モースその日その日: ある御雇教師と近代日本』(有隣堂、1987年)
  2. ^ a b c d 岩川友太郎コトバンク
  3. ^ a b c 岩川友太郎
  4. ^ a b c d e f g h i j 岩川友太郎広瀬院長の弘前ブログ
  5. ^ 卒業記念写真帖(大正8年3月)お茶の水女子大学デジタルアーカイブ
  6. ^ 『官報』第1947号「叙任及辞令」大正8年1月31日。
  7. ^ 『官報』第4051号「叙任及辞令」1896年12月28日。
  8. ^ 北嶋廣敏『雑学帝王500』

関連項目編集