岩渕 功一(いわぶち こういち、1960年 - )は、日本社会学者。専門は、カルチュラル・スタディーズ、メディア論、アジアのポピュラー文化論。日本のポピュラー文化のアジアでの生産、流通、消費研究、文化のグローバル化研究で広く世界に知られている。

早稲田大学法学部卒業後、日本テレビ勤務。ウェスタン・シドニー大学で博士号取得。国際基督教大学教養学部助教授、早稲田大学国際教養学術院教授を経て現在モナシュ大学教授。

著書編集

単著編集

  • 『トランスナショナル・ジャパン――アジアをつなぐポピュラー文化』(岩波書店, 2001年
  • Recentering Globalization: Popular Culture and Japanese Transnationalism, (Duke University Press, 2002).
  • 『文化の対話力――ソフト・パワーとブランド・ナショナリズムを越えて』(日本経済新聞社, 2007年

編著編集

  • 『グローバル・プリズム――「アジアン・ドリーム」 としての日本のテレビドラマ』(平凡社, 2003年
  • Feeling Asian Modernities: Transnational Consumption of Japanese TV Dramas, (Hong Kong University Press, 2004).
  • 『越える文化、交錯する境界――トランス・アジアを翔るメディア文化』(山川出版社, 2004年

共編著編集

  • East Asian Pop Culture: Analysing the Korean Wave, co-edited with Chua Beng Huat, (Hong Kong University Press, 2007).