メインメニューを開く

イワタバコ(岩煙草、学名Conandron ramondioides Siebold et Zucc.[1])は、イワタバコ科イワタバコ属分類される多年草1[3]。和名は、タバコに似るので名付けられたとされる[4][5]。また若葉が食用にできる[3]ことから、古くはイワヂシャ(岩萵苣)とよばれた[6][5]

イワタバコ
Conandron ramondioides iwtbk01.jpg
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : シソ類 lamiids
: シソ目 Lamiales
: イワタバコ科 Gesneriaceae[1]
: イワタバコ属 Conandron[2]
: イワタバコ C. ramondioides[1]
学名
Conandron ramondioides Siebold et Zucc.[1]
和名
イワタバコ(岩煙草)
イワヂシャ(岩萵苣)

特徴編集

日本の本州、四国、九州、沖縄および、台湾などの山地に分布し、湿り気のある岩壁などに群生する[5][3][7]は美しいので山草として栽培もされる[8]

葉柄は3 - 15センチメートル (cm) で翼がある[4]。葉身は長さ20 cm内外、幅は10 cmと大型で[5][9]、大きなものになると長さ50 cmほどになることがある[10]の質は柔らかくてツヤがあり、数枚が根出する[5]。夏の7 - 8月頃、葉の根元から高さ10 cmほどの花茎を伸ばし、散形花序をつけ紅紫色のが咲かせて目立つ[5][3][11]。花は直径1 - 1.5 cm程、放射相称で、花冠は5裂し雄蕊も5個、花冠裂片は紫色。子房上位果実は細長い蒴果で2つに割れる。葉は冬には枯れ、新葉が縮んだ冬芽として越冬する[8]

1株に葉が2 - 3枚しかつかないうえ、岩場のため根が生育しにくく、繁殖力が弱い植物である[5]。人間によって葉がすべて採取されてしまったり、根を傷められたりすると、その群生地での絶滅の恐れもある[5]

利用編集

山菜編集

若葉は食用にされており、ほろ苦い食味がある山菜として喜ばれている[5]。若葉を軽く茹でて水にさらしたあと、汁の実、お浸し佃煮など、ほろ苦みを楽しむ山菜料理として生かされたり、葉面の水気を取って天ぷらとして調理される[5]

薬効編集

昔から食用として利用されてきたが、これまでのところ成分を調べたものはなく、葉の苦みは神経の働きで胃液の分泌を盛んにし、消化促進や食欲増進に役立つと考えられてきたことから、苦味健胃薬として活用されている[5]

開花期の7 - 9月頃にかけて、葉を採取して水気を取り、日干しにしたものは生薬となり、苦苣苔(くきょたい)と呼んでいる[5]。苦苣苔を1日量にして5グラムを、約600 ccの水で半量になるまで煎じて食後に飲むと良いとされ、食べ過ぎや飲み過ぎによる胃もたれや、胃の働きが弱ったときの食欲不振に効用があるといわれている[5]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 邑田仁監修・米倉浩司著『日本維管束植物目録』北隆館、2012年、189頁。ISBN 978-4-8326-0970-9
  2. ^ 大場秀章『植物分類表』アボック社、2010年、初版第2刷(訂正入)、200頁。ISBN 978-4-900358-61-4
  3. ^ a b c d 植物雑学事典イワタバコ 2011年4月2日閲覧
  4. ^ a b 『日本の野生植物』p.131
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m 田中孝治 1995.
  6. ^ 本山荻舟『飲食事典』平凡社、1958年12月25日、47頁。
  7. ^ 『日本維管束植物目録』のp.189では日本固有種としている。
  8. ^ a b 趣味の園芸 イワタバコ 2011年4月7日閲覧。
  9. ^ 『日本の野生植物』p.131では、10 - 30 cmとしている
  10. ^ 植物雑学事典イワタバコでは通常 6 - 15 cmで、50 cmになることがあるとしている。
  11. ^ 『日本の野生植物』p.131では 6 - 8 月としている

参考文献編集

  • 佐竹義輔大井次三郎北村四郎 他『日本の野生植物 草本III 合弁花類』平凡社、1999年。ISBN 4-582-53503-8
  • 田中孝治『効きめと使い方がひと目でわかる 薬草健康法』講談社〈ベストライフ〉、1995年2月15日、65頁。ISBN 4-06-195372-9

外部リンク編集