メインメニューを開く

岩田 ユキ(いわた ゆき)は、日本の女性映画監督脚本家イラストレーター作詞家白田恵名義)。

いわた ゆき
岩田 ユキ
出生地 日本の旗 日本 静岡県島田市
職業 映画監督
ジャンル 映画
主な作品
映画
檸檬のころ
指輪をはめたい

目次

人物・来歴編集

静岡県島田市出身。静岡県立金谷高等学校卒業後、OLとして地元企業に勤務する。その後、名古屋の専門学校に進学し、卒業後、大阪の文具メーカーでキャラクターデザイナーとして勤務する。その後東京に移り、セツ・モードセミナーに在学しながら、フリーのイラストレーターとして「nicola」(新潮社)、「KERA」(インデックス・コミュニケーションズ)、「zipper」(祥伝社)等の雑誌で活躍し、学研等ではキャラクターデザイナーとして活動。2000年から映像制作を開始する。イメージフォーラムENBUゼミナールで映像・脚本を学ぶ(ENBUゼミでの担任講師は中島哲也)。

インディーズ時代はイラストレーターらしいアニメやパペットなどを使ったアート作品が主流だった。数多くのインディーズ映画祭で受賞し、空気公団などの音楽PVも手がけた。ぴあフィルムフェスティバル受賞の『新ここからの景』を境に、ヒューマンドラマに作風が移行。

2005年、オムニバス映画『ヘアスタイル』の一編「おさげの本棚」で商業映画デビューする。

2007年、『檸檬のころ』で長編映画を初監督する。この作品の主題歌「hikari~檸檬のころ~」の作詞を、作品の主人公・白田恵名義で行う。路上似顔絵師として生計を立てていた時期があり、2008年映画『陰日向に咲く』の宣伝イラストを担当した際も出演者の似顔絵を描いている。絵コンテはそのまま漫画として読める程の丁寧な描き込みを行う[1]。雑誌cinema☆cinemaにて漫画「銀幕髭サーカス」を連載。

主な作品編集

参考文献編集

出典・脚注編集

  1. ^ 檸檬のころ』より

関連項目編集

外部リンク編集