峰山高原 暁晴山の稜線を望む
地図

峰山高原(みねやまこうげん)は兵庫県神崎郡神河町上小田に位置する高原

概要編集

雪彦峰山県立自然公園の区域内、標高900mに位置する高原で、暁晴山(標高1077m)、千町ヶ峰(標高1141m)、夜鷹山(標高1056m)、平石山(標高1061m)、高星山(標高1016m)などの峰々に囲まれる。

播磨の避暑地として知られ、麓の黒岩の滝から夜鷹山への登山道、「リラクシアの森」という森林散策道から暁晴山への登山道、およびススキの名所として知られる砥峰高原や太田池を周回するハイキングコースが整備されている。

高原にはキャンプ場のほか、峰山高原かんぽ総合レクセンターの跡地に開業したリゾートホテル峰山高原ホテルRelaXiaテニスコートなどのスポーツ施設がある。小田原川水源の森は、砥峰高原とともに2010年公開の映画『ノルウェイの森』のメイン撮影地となった。

主なハイキングコース編集

交通アクセス編集

JR西日本播但線 寺前駅下車、タクシー25分(ホテルの送迎バスあり)。

周辺編集

参考文献編集

  • 兵庫県中播磨県民局発行「大河内高原利用ガイド」
  • 神河町発行「ノルウェイの森ロケMAP」

関連項目編集

座標: 北緯35度7分56.15秒 東経134度40分2.35秒