メインメニューを開く

島津久雄

島津 久雄(しまづ ひさたか)は、日向国佐土原藩の第3代藩主。

 
島津 久雄
生誕 寛永10年3月21日1633年4月29日
死没 寛文3年12月2日1663年12月31日
改名 堯仁坊
戒名 見性院殿前但州真誉隆厳居士
墓所 宮崎県宮崎市佐土原町の高月院
官位 従五位下、但馬守、右馬頭
佐土原藩
父母 父:島津忠興、母:丹生氏
兄弟 久雄、久富、久遐
正室:徳雲院(御満、島津光久女)
継室:島津久茂女(島津光久の養女)
忠高

生涯編集

佐土原で生まれる。寛永14年(1637年)、父の死去により跡を継ぐが、幼少のためしばらく藩政は家臣が代行した。同年の島原の乱でも家臣が軍を率いて代行している。藩政においては明暦元年(1655年)に検地を行うなど藩政の基礎固めを行なったが、承応2年(1653年)の城下町の火事、明暦3年(1657年)の江戸大火(明暦の大火)による江戸藩邸焼失、寛文2年(1662年)9月の領内大地震、寛文3年(1663年)の旱魃など、治世は多難を極め、相次ぐ出費も重なって藩財政は破綻寸前となった。そのような中で寛文3年(1663年)12月2日に死去し、跡を長男・忠高が継いだ。享年31。