崔 昌彦(チェ・チャンオン、최창언1921年12月3日-1982年4月4日)は大韓民国軍人創氏改名時の日本名原山武憲[1]太極武功勲章授与者。

崔昌彦
최창언
生誕 1921年12月3日
大日本帝国の旗 日本統治下朝鮮咸鏡北道鏡城郡
死没 (1982-04-04) 1982年4月4日(60歳没)
大韓民国の旗 大韓民国ソウル特別市
所属組織 満州国軍
大韓民国陸軍
軍歴 1943-1945(満州国軍)
1946-1966(韓国陸軍)
最終階級 中尉(満州国軍)
中将(韓国陸軍)
墓所 国立ソウル顕忠院将軍第1墓域126号
テンプレートを表示

経歴編集

1921年12月、咸鏡北道鏡城郡に生まれる。後の韓国陸軍大将丁一権と同じ光明中学校卒業。新京軍官学校予科第1期卒業(生徒隊予科第1連第1区隊工兵科[1])、陸軍士官学校に留学して工兵科卒業(第56期相当)。第2次世界大戦終戦時は満州国軍中尉。

1946年6月12日付で軍事英語学校を卒業して大尉に任官(軍番10095番)[2]。第7連隊の創設に参加[3]。1947年1月16日、第4連隊(連隊長:李翰林少領)第1大隊長[4][5]。同年6月に霊岩軍警衝突事件が起きると警備士官学校に転出[6]

1948年12月15日、陸軍本部工兵監[5]。1949年6月20日、首都警備司令部参謀長[5]。同年7月1日、陸軍参謀学校教官[5]。同年8月12日、第2師団参謀長[7]

1950年8月26日、陸軍大領[5]。翌日、戦死した李暎圭中領に代わり第5連隊長[8]。同年9月30日、第7師団副師団長[5]。同年12月16日、第2訓練所長[9]

1951年3月1日、陸軍下士官学校校長[10]。同年4月1日、第2訓練所長[5]。同年7月22日、第6師団(師団長:張都暎准将)副師団長[5]

1952年6月16日、第1訓練所(所長:張都暎准将)副所長[5]

1953年4月25日、准将進級と同時に首都師団長就任[11]

1955年3月、陸軍大学第7期入学[12]

1957年5月20日、第2軍管区司令官[13]

1958年3月、国防部政訓局長[14]

1960年、国防大学院卒業、歩兵学校校長。

1961年、第3軍団長、任中将。

1963年、国防大学院院長。

1966年2月10日、予備役編入[15]。予備役編入後は忠州肥料株式会社副社長。

2008年4月28日に民族問題研究所親日人名辞典編纂委員会が発表した親日人名辞典収録対象者軍部門に記載[16]

勲章編集

出典編集

  1. ^ a b 細谷真美館 1976.
  2. ^ 佐々木 1976, p. 89.
  3. ^ 佐々木 1976, p. 172.
  4. ^ 佐々木 1976, p. 142.
  5. ^ a b c d e f g h i 国防部戦史編纂委員会 1970, p. 98.
  6. ^ 佐々木春隆『朝鮮戦争/韓国編 上巻』、146頁。
  7. ^ 佐々木 1976, p. 212.
  8. ^ 国防部戦史編纂委員会 1970, p. 107.
  9. ^ “싸우면 勝利(승리)한다” (朝鮮語). 부산일보. (1950年12月20日). http://www.busan.com/view/busan/view.php?code=19501220000029 2019年11月1日閲覧。 
  10. ^ “下士校(하사교) 發足(발족)에 崔昌彦(최창언) 校長(교장) 談話(담화)” (朝鮮語). 부산일보. (1951年3月6日). http://www.busan.com/view/busan/view.php?code=19510306000022 2019年11月1日閲覧。 
  11. ^ 韓國戰爭史第9巻 對陣末期(1953.1.1~1953.7.27) (PDF)”. 韓国国防部軍史編纂研究所. p. 525. 2020年2月17日閲覧。
  12. ^ “戰術戰略 鍊磨의 殿堂” (朝鮮語). 부산일보. (1957年3月5日). http://www.busan.com/view/busan/view.php?code=19550305000039 2019年11月1日閲覧。 
  13. ^ “第二軍管區 司令官 二十日에 離·就任式” (朝鮮語). 부산일보. (1957年5月21日). http://www.busan.com/view/busan/view.php?code=19570521000036 2019年11月1日閲覧。 
  14. ^ “離就任式 盛大” (朝鮮語). 부산일보. (1958年3月13日). http://www.busan.com/view/busan/view.php?code=19580313000057 2019年11月1日閲覧。 
  15. ^ “최창언 중장 예편” (朝鮮語). 中央日報. (1966年2月10日). https://news.joins.com/article/1022276 2021年3月19日閲覧。 
  16. ^ “[명단] 친일인명사전 수록 대상자 4776명” (朝鮮語). オーマイニュース. (2008年4月29日). http://www.ohmynews.com/NWS_Web/view/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0000889220 2018年10月1日閲覧。 
  17. ^ Choi Chang On”. Military Times. 2015年12月30日閲覧。
  18. ^ Chang Un Choi”. Military Times. 2015年11月10日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集