嵐に叛く女』(あらしにそむくおんな、Laughing Anne)は、1953年に公開されたイギリスのアドベンチャー映画。監督ハーバート・ウィルコックス英語版。出演ウェンデル・コーリイ英語版マーガレット・ロックウッドフォレスト・タッカーロナルド・シナ―英語版ジョゼフ・コンラッド短編小説、"Because of the Dollars"と1923年の戯曲Laughing Anneの第二幕を元に脚色している。[1]映画はロンドンシェパートン・スタジオ英語版で撮影された。映画のセットは美術監督ウィリアム・C・アンドリュー英語版がデザインし、衣装はエリザベス・ハフェンデンが担当した。

嵐に叛く女
Laughing Anne
監督 ハーバート・ウィルコックス英語版
脚本 パメラ・バウアー
製作 ハーバート・ウィルコックス
出演者 マーガレット・ロックウッド
ウェンデル・コーリイ英語版
フォレスト・タッカー
ロナルド・シナ―英語版
音楽 アンソニー・コリンズ
撮影 マッツ・グリーンバウム英語版
編集 バジル・ウォーレン
製作会社
配給
公開 イギリスの旗 1953年9月19日
日本の旗 1954年6月9日
上映時間 90分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

あらすじ 編集

1880年代、パリ在住のボクサー・ファレルは八百長試合を断ったことでボクシング界から追い出されてしまい、恋人のアンとともに各地を放浪する。 やがて、彼女はジャワの酒場で歌手となり、「笑うアン」の異名を持つようになった。 ある日、彼女は小機帆船の船長デビッドと出会い、ファレルは焼きもちを焼く。 翌日、デビッドは自分の船にアンが乗り込んでいたことに気づき、仕方なくシンガポールまでの乗船を許可する。 やがて、デビッドは彼女を愛するようになり、ついにはプロポーズをするも、受け入れてもらえなかった。 数年後、ある奥地を訪れたデビッドは、アンと再会する。彼女はファレルとの間にデヴィという子どもをもうけていた。 そのファレルはデビッドの船の積み荷を狙っており、最終的に2人は相討ちとなる。数年後、成長したデヴィがデビッドの船に乗るところで物語は幕を下ろす。

キャスト 編集

役名 俳優 日本語吹替
日本テレビ
デビッド ウェンデル・コーリイ英語版 城達也
アン マーガレット・ロックウッド 高橋和枝
ノビ― ロナルド・シナ―英語版 戸田皓久
ファレル フォレスト・タッカー 宮部昭夫
コンラッド ロバート・ハリス英語版 若山弦蔵
スーザン ヘレン・シングラー英語版  槙伸子
フランシ ジャック・B・ブルニウス英語版 井関一
ニッキ― ダニー・グリーン英語版 雨森雅司
ジャック ハロルド・ラング英語版 木谷省三
歌手 ダフネ・アンダーソン英語版 中原郁江
ピエール ジョー・パウエル英語版 平井俊明
ナレーション N/A 寺島幹夫
不明
その他
小室かよ
小宮山清
今富泰作
品川徹
吉行知子
演出 吉沢京夫
翻訳 島崎ひかり
効果 PAG
調整
制作 東京プロモーション
解説
初回放送 1964年6月28日製作

脚注 編集

  1. ^ LAUGHING ANNE Monthly Film Bulletin; London Vol. 20, Iss. 228, (Jan 1, 1953): 144.

外部リンク 編集