メインメニューを開く

雨森 雅司(あめのもり まさし、1930年7月24日 - 1984年4月9日)は、日本男性俳優声優青二プロダクションに所属していた。千葉県出身。本名は雨森 雅夫(あめのもり まさお)。

あめのもり まさし
雨森 雅司
プロフィール
本名 雨森 雅夫
あめのもり まさお
出生地 日本の旗 日本千葉県
死没地 日本の旗 日本神奈川県川崎市
生年月日 (1930-07-24) 1930年7月24日
没年月日 (1984-04-09) 1984年4月9日(53歳没)
身長 168 cm
所属 青二プロダクション(最終所属)
配偶者 雨森睦子(妻)
活動
活動期間 1960年代[要出典] - 1983年
代表作 = バカボンのパパ(天才バカボン
ジュラルミン大公(リボンの騎士
ヘムレンさん(ムーミン)
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

目次

来歴・人物編集

日本大学芸術学部映画学科を卒業し、劇団戯曲座に入団。その後、劇団七曜会を経て、1970年に劇団芸協の創立メンバーとなる。その後、青二プロダクションに所属。テレビ草創期から声優として活動し始め、主に中高年男性の声を多く演じた。アニメ『天才バカボン』・『元祖天才バカボン』でのバカボンのパパ役が代表作だが、『愛してナイト』『ルパン三世』など、その他のアニメ作品では脇役や敵役、悪役を数多く担当している。また、ハンナ・バーベラ・プロダクション作品の吹き替えでも多くの役を演じている。洋画作品の吹き替えではワード・ボンドを持ち役とし、アニメ作品同様、脇役や悪役、老人役などを担当している。声優としての活動が広く知られているが、舞台俳優としても多くの作品に出演している。

1984年4月9日午後11時50分に肝硬変のため神奈川県川崎市の聖マリアンナ医科大学病院で死去。53歳没[1]

エピソード編集

  • バカボンのパパは原作者の赤塚不二夫に気に入られており、赤塚はバカボンのパパを雨森から変えないように希望していた。
  • 1998年ソフト99フクピカのTVCM及び2015年第66回NHK紅白歌合戦の企画コーナー「アニメ紅白」の締めにバカボンのパパが登場しているが、声はいずれも雨森が演じるパパの音声を作品から抽出したものが使用された。
  • 大変な酒豪としても知られており、その事が肝硬変の発症と53歳での早世につながる原因になった。
  • 最晩年、『イーグルサム』への出演時には体調悪化が深刻な状態で、肝硬変による腹水のため腹部が膨れ上がり、ズボンのチャックが上がらず椅子にも座れない状態だった[2]

後任編集

雨森の病気による降板や死後、役を引き継いだ人物は以下の通り。

出演作品編集

太字は主役・メインキャラクター。

テレビドラマ編集

映画編集

舞台編集

テレビアニメ編集

1965年

1966年

1967年

1968年

1969年

1970年

1971年

1972年

1973年

1974年

1975年

1976年

1977年

1978年

1979年

1980年

1981年

1982年

1983年

劇場アニメ編集

1971年

1979年

1980年

1981年

1982年

1983年

吹き替え編集

俳優編集

洋画編集

海外ドラマ編集

海外アニメ編集

邦画編集

人形劇編集

特撮編集

1971年

1974年

1976年

CM編集

脚注編集

  1. ^ 読売新聞1984年4月12日朝刊23面
  2. ^ 声優と健康 雨森雅司さん”. 声優裏話 (2005年10月12日). 2014年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月5日閲覧。
  3. ^ パーマン”. メディア芸術データベース. 2016年10月10日閲覧。
  4. ^ リボンの騎士”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月21日閲覧。
  5. ^ ウメ星デンカ”. トムス・エンタテインメント. 2016年7月3日閲覧。
  6. ^ 天才バカボン”. メディア芸術データベース. 2016年11月8日閲覧。
  7. ^ 怪盗ルパン813の謎”. メディア芸術データベース. 2016年11月11日閲覧。
  8. ^ トンデモネズミ大活躍”. 日本アニメーション. 2016年5月18日閲覧。
  9. ^ 燃えろアーサー 白馬の王子”. 東映アニメーション. 2016年6月8日閲覧。
  10. ^ 愛してナイト”. メディア芸術データベース. 2016年11月4日閲覧。
  11. ^ 世界名作童話 森は生きている”. メディア芸術データベース. 2016年10月30日閲覧。
  12. ^ 浮浪雲”. マッドハウス. 2016年5月20日閲覧。

外部リンク編集