メインメニューを開く

嵯峨 信之(さが のぶゆき、1902年4月18日 - 1997年12月28日)は日本の詩人。本名は大草実宮崎県生まれ。高輪高等学校中退。

概要編集

萩原朔太郎に師事する。21歳の時、文芸春秋に入社、詩作を中断。戦争後、専門誌「詩学」(詩学社) の編集長となる。1957年に「愛と死の数え唄」や「魂の中の死」などを刊行する。1986年に「土地の名~人間の名」で現代詩花椿賞を受賞。1995年の「小詩無辺」で芸術選奨文部大臣賞、現代詩人賞受賞。主な代表詩は「ヒロシマ神話」。

著書編集

  • 研究室から 科学者随想/ 大草実編 矢の倉書店 1938年
  • 「愛と死の数え唄」詩学社 1957年
  • 「魂の中の死」詩学社 1966年
  • 「時刻表」詩学社 1975年
  • 「開かれる日、閉ざされる日」詩学社 1980年
  • 「嵯峨信之詩集」青土社 1985年5月
  • 「土地の名~人間の名」詩学社 1986年6月
  • 「OB抒情歌」詩学社 1988年12月
  • 「嵯峨信之詩集(現代詩文庫)思潮社 1989年11月
  • 「小詩無辺」詩学社、1995年4月
  • 「嵯峨信之詩集」(芸林21世紀文庫)芸林書房 2002年4月