長野県の須坂動物園で飼育されている川上犬
川上犬1.JPG

川上犬(かわかみいぬ)は、長野県南佐久郡川上村に伝わり、保護育成されている小型日本犬の一種である。信州川上犬とも、川上狼犬ともいう。昭和初期には主に梓山地区で飼われていたため、梓山犬と呼ばれたこともある。秩父犬と同じく(梓山地区から三国峠を越えると秩父市)、ニホンオオカミの血が流れているという伝承がある。柴犬(信州柴)の一種とされる。長野県の天然記念物に指定。

特徴編集

  • 和犬の一種で、立ち耳、巻尾。目は黒または茶色。
  • 毛色は黒、茶、赤、白。
  • 川上村では猟犬として飼われていた。
  • 性格は活発で好奇心旺盛。また、番犬に向いている。

血統と保存活動編集

古くは猟犬としての勇敢さを保つために、雌犬を山中に留めてニホンオオカミと交配させたという伝承がある。一方で、南佐久郡南牧村平沢地区で飼育されていた日本犬の純血種が元になっているという伝承もある。

秋田犬などと同様に第二次世界大戦や戦後は食糧難などで、頭数が減ったり、多種との交配が進み、純血種としては絶滅の危機に陥った。そして昭和43年(1968年)に、純血性が薄れたということで、長野県天然記念物の指定を解除される事態に陥った。だが、同年に信州川上犬保存会による保護育成が始まり、純血種との交配を続けて、昭和57年(1982年)に純血性が高まったとして、再び県の天然記念物に指定された。

現在でも、川上村内でも数十頭、全国でも300頭前後しかいない非常に貴重な犬種である。2006年の正月には年にちなんで上野動物園で短期間、子犬が数匹展示された。また同年、6月には須坂市動物園(長野県須坂市)に川上犬の子犬「源竜」(オス)が寄贈された(2011年9月21日死亡)。2008年からは小諸市動物園小諸市)で「さくら」(メス)が飼育されている。

その他編集

  • 村の名前が犬の品種の名前の由来になっている、唯一の犬の品種である。

関連項目編集

参考文献編集

外部リンク編集