メインメニューを開く

川井 貞一 (かわい ていいち、1933年1月16日 - )は、日本政治家。元・宮城県白石市市長(5期)。

川井 貞一
かわい ていいち
生年月日 (1933-01-16) 1933年1月16日(86歳)
出生地 宮城県白石市
出身校 東北大学経済学部
前職 白石市長

当選回数 5回
在任期間 1984年11月14日 - 2004年11月13日
テンプレートを表示

経歴編集

白石市の食品卸問屋を営む家庭に生まれる[1]東北大学経済学部で安井琢磨から教えを受ける[2]。安井からは研究生として学窓に残る勧誘を受けたが、親の意向により卒業後は家業を継いだ[2]

自由民主党宮城県連で青年部長などを務め、本人の回想では1974年第10回参議院議員通常選挙に立候補した遠藤要の演説原稿の執筆もおこなっていた[1]宮城県知事山本壮一郎に師事する[3]

1984年11月に白石市長に当選し、以後2004年まで5期務めた[4]。この間、全国市長会副会長も務めた[1]

市長在任中は産業廃棄物最終処分場の建設を阻止するため、1998年に住民投票を実施し、最終的に建設中止に持ち込んだ[5][6]

市長退任後の2008年、宮城県下の市町村長経験者による「憲法九条を守る首長の会」を結成し、会長に就任した[5]

脚注編集

外部リンク編集

先代:
関谷宗一
  宮城県白石市長
1984年 - 2004年
次代:
風間康静