メインメニューを開く

川口 久雄(かわぐち ひさお、1910年12月14日 - 1993年5月4日)は、国文学者比較文学者。

1937年、東京文理科大学国文科卒。金沢大学法文学部教授を務めた。文学博士。平安朝漢文学を専攻としたが、漢文学そのものから、西域にまで関心が広がり、ロシヤ、英国などにおける日本文学の受容に及んで、比較文学の領域に踏み込んだ。『西域の虎』は、和漢比較文学の名著として知られる。また没後、敦煌に関する著作が数多く刊行された。また新発見の『古本説話集』もいち早く紹介した。知識は博大で、西洋文芸にも通じていた。1961年中日文化賞受賞[1]

目次

著書編集

  • 平安朝日本漢文学史の研究(上下) 明治書院, 1959-1961
  • 大江匡房 吉川弘文館〈人物叢書〉, 1968 のち新装版
  • 西域の虎 平安朝比較文学論集 吉川弘文館, 1974
  • 花の宴 日本比較文学論集 吉川弘文館, 1980
  • 絵解きの世界 敦煌からの影 明治書院, 1981
  • 平安朝の漢文学 吉川弘文館, 1981
  • 漱石世界と草枕絵 岩波書店, 1987
  • 日本列島の原風景1.山岳まんだらの世界 名著出版, 1987
  • 日本列島の原風景2.風土と美意識の系譜 名著出版, 1989
  • 源氏物語への道 物語文学の世界 吉川弘文館, 1991
  • 平安朝漢文学の開花 詩人空海と道真 吉川弘文館, 1991
  • 敦煌よりの風1.敦煌と日本文学 明治書院, 1999
  • 同2.敦煌と日本の説話 明治書院, 1999
  • 同3・4.敦煌の仏教物語(上下) 明治書院, 1999
  • 同5.敦煌の風雅と洞窟 明治書院, 2000
  • 同6.敦煌に行き交う人々 明治書院, 2001

編著編集

  • 古典の変容と新生 明治書院, 1984
  • 長恨歌絵巻 大修館書店 1982

校注等編集

脚注編集