大江匡房

平安時代後期の公卿、儒学者、歌人。正二位・権中納言・大蔵卿
 
大江 匡房
Oe no Masafusa.jpg
大江匡房肖像(菊池容斎画)
時代 平安時代後期
生誕 長久2年(1041年
死没 天永2年11月5日1111年12月7日
別名 江帥(号)、江大府卿、江都督
官位 正二位大蔵卿
主君 後冷泉天皇後三条天皇白河天皇堀河天皇鳥羽天皇
氏族 大江氏
父母 父:大江成衡、母:橘孝親の娘
藤原重経の娘
隆兼維順
養子:広房有元[1]
テンプレートを表示

大江 匡房(おおえ の まさふさ)は、平安時代後期の公卿儒学者歌人大学頭大江成衡の子。官位正二位権中納言江帥ごうのそつと号す。藤原伊房藤原為房とともに白河朝の「三房」と称された。小倉百人一首では権中納言匡房

経歴編集

若年期編集

大江氏は古くから紀伝道を家学とする学者の家柄であり、匡房も幼少のころから文才があったと伝えられる。匡房の詩文に関する自叙伝『暮年記』の中で「予4歳の時始めて書を読み、8歳のときに史漢に通ひ、11歳の時に詩を賦して、世、神童と謂へり」と書いている[2]。早くも天喜4年(1056年)16歳にして省試に合格して文章得業生に、康平元年(1058年)に対策に及第し、康平3年(1060年)には治部少丞式部少丞を経て従五位下叙爵した。

その後は、目立った官職にも任じられず身の上を不満に思って出家・隠遁しようとするが、中納言藤原経任の諫止により思いとどまる[3]。その後、匡房は春宮・尊仁親王の御所に参上するようになるが、困窮により衣服に事欠く状況であったため、他の人から装束を借りていたという[3]治暦3年(1067年)尊仁親王の東宮学士に任じられると、学士を務める中で尊仁親王の信頼を得た。

後三条朝編集

治暦4年(1068年)4月に尊仁親王が即位後三条天皇)すると五位蔵人に補せられる。当初は官職もなく蔵人のみを帯びていたため、蔵人の式部大夫と呼ばれていたが[3]、7月に欠官が生じたため中務大輔に任ぜられるとともに、学士の労により正五位下に昇叙された。翌延久元年(1069年左衛門権佐検非違使佐)・右少弁を兼ね三事兼帯の栄誉を得た。また、東宮・貞仁親王の東宮学士も務める。後三条朝では、天皇が進めた新政(延久の善政)の推進にあたって、匡房は藤原実政藤原正家らとともにブレーン役の近臣として重要な役割を果たしている。中でも匡房は朝から晩まで始終天皇に近侍していたという[3]

白河朝編集

延久4年12月(1073年1月)の貞仁親王の即位(白河天皇)後も引き続き五位蔵人を務めるとともに、実仁親王の東宮学士となり三代続けて東宮学士を務める。延久6年(1074年従四位下美作守に叙任されて一旦弁官を離れるが、翌承保2年(1075年正四位下と順調に昇進する。美作守に任ぜられても引き続き東宮学士を務めていたため、任地に赴くことは多くなかったと想定される[4]。一方で、美作国在地豪族と思しき藤原秀隆のために願文を作成するなど在地民との関係が見られるほか[5]、承保4年(1077年)には、関白藤原師実から美作国の所領を譲り受けるなど[6]受領として経済的な躍進ぶりを示している[4]。なお、この間の承暦2年(1078年)自らの邸宅に江家文庫を設置している。

承暦4年(1080年)権左中弁として弁官局に復す。当時は一度地方官に遷ると、そのまま転々と地方官を渡り歩くケースも多かったが、匡房は相応の経済力を蓄えて京官に復したところに匡房の慎重さが窺い知れる一方、当時の宮廷において匡房のような故実に精通した学者官僚が必要とされていたことも、京官への復帰を可能とした要素の一つとも考えられる[7]。同年2月に高麗文宗から王の病気の治療のため、日本の名医の派遣を要請する書状が届くも、朝議の結果、派遣を断ることに決まるが、匡房が断りの返信を起草した(医師招請事件[8]

その後も永保元年(1081年)左中弁、応徳元年(1084年)左大弁と弁官にて累進する一方、永保3年(1083年)式部権大輔も兼ねた。この間の永保元年(1081年)匡房は蔵人頭を望むが、歌道の競争相手でもあった下僚の右中弁・藤原通俊に敗れ、激しい憤怒の感情を示した[9]。一方で、永保2年(1082年右大臣藤原俊家出家した際、白河天皇は後任の右大臣として中宮藤原賢子の実父である顕房を念頭に匡房に相談するが、かつて教えを受けた俊房の学才に敬服していた匡房の意見によって、結局俊房を任じたとの逸話がある[10]。匡房が大臣の人事を左右するほど白河天皇からの信頼が厚かった様子が窺われる。

白河院政期編集

応徳3年(1086年)白河天皇が堀河天皇譲位して院政を開始すると、匡房は初代院司の一人となる。またこれに前後して従三位に叙せられて公卿に列した。応徳4年(1087年)式部大輔に任ぜられ、寛治2年(1088年正三位参議に叙任された。議政官の傍らで、式部大輔・勘解由長官を兼帯している。この間、寛治4年(1090年)には堀河天皇に漢書を進講している。

寛治8年(1094年従二位・権中納言に叙任される。永長2年(1097年大宰権帥を兼ね、翌承徳2年(1098年)大宰府へ下向する。大宰権帥を大過なく勤め上げ、康和4年(1102年)任期満了に伴って正二位に叙せられた。長治2年(1105年)所領に関連して興福寺西金堂衆と争い、西金堂衆に襲われて荘園を焼き払われてしまっている[11]。長治3年(1106年)権中納言を辞して、大宰権帥に再任されるが、今度は病気もあって任地には下向しなかった[12]。匡房が下向しないことで、大宰府管内は「神民蜂起、群盗相乱、凡管内放火殺害者、不可勝計」という混乱状況に陥り[13]、廟堂からの批判にさらされている[14]

鳥羽朝天永2年(1111年大蔵卿に遷任されるが、同年11月5日薨去享年71。

人物編集

  • 大江氏の再興を願う匡房にとって、大江維時以来途絶えていた[15]公卿の座に自らが就いたことは大きな喜びであった。惟宗孝言が大学者として知られていた匡房の曾祖父大江匡衡について尋ねたところ、匡房は自分が意識しているのは維時のみであると述べて暗に匡衡は評価に値しないことを示した[16]。これは匡衡の位階正四位下に終わった事から、公卿を目指す匡房には目標たるべき人物ではないと見ていたと考えられている。
  • 『続拾遺和歌集』(巻7 賀438)には匡房誕生時にまだ健在であった曾祖母の赤染衛門(匡衡の未亡人)が曾孫の誕生を喜ぶ和歌が載せられている。
  • 大江氏の祖・大江音人阿保親王の子とする伝承を作成したのは、匡房であるという説がある(今井源衛説)[17]
  • 学才を恃まれ多くの願文の代作をし、それらをまとめた江都督納言願文集が残る。
  • 和歌にも優れ、『後拾遺和歌集』(2首)以下の勅撰和歌集に114首の作品が収められている[18]。歌集に『江帥集』、著書に『洛陽田楽記』『本朝神仙伝』がある。また『江談抄』は、彼の談話を藤原実兼信西の父)が筆記したものである。
  • 兵法にも優れ、源義家の師となったというエピソードもある。前九年の役の後、義家は匡房の弟子となり兵法を学び、後三年の役の実戦で用い成功を収めた。このことは戦国時代に九州で常勝無敗であった智将、山田宗昌にも影響を与えており、「匡房の兵法を得たり」として彼は「山田匡得」を名乗っている。『古今著聞集』(1254年成立)や『奥州後三年記』(1347年成立)に見える話である[19]

逸話編集

幼少の頃より学問に優れていたことを示す逸話として以下がある。

  • 源師房に「雪裏看松貞」の題を与えられたが、筆が停滞することなく漢詩を作り、師房を深く賞嘆させた(『暮年記』)
  • 11歳の時、優れた漢詩を作ったことから、後冷泉天皇に見てもらったところ、天皇は感心して匡房に学問料を与えた(『続古事談』)[8]
  • 藤原頼通が匡房を見て地を履みて人を踰えて必ず大位に至ると述べた(『暮年記』)
  • 関白・藤原頼通が平等院を創建するために、源師房と宇治を訪問した際、大門が北に向いていた。そこで頼通は師房に対して寺門が北を向いている例はあるかと問うた。師房は「私は知らないが、後ろに乗っている匡房はこれらの事柄に通じているので問うてみましょう」と言って、匡房に尋ねた。匡房は即座に、天竺那蘭陀寺震旦の西明寺、本朝の六波羅蜜寺は門が北に向いていると回答し、頼通を驚嘆させた(『十訓抄』『古事談』)

官歴編集

公卿補任』による。

系譜編集

代表的な歌編集

  • 高砂の 尾の上の桜 咲きにけり とやまの霞 立たずもあらなむ(百人一首73番:『後拾遺和歌集』)

脚注編集

  1. ^ 「大江氏系図弁証ー大江匡房の周辺」『国文学研究資料館紀要 34号』、2008年
  2. ^ 戸川点「大江匡房」/ 小野一之・鈴木彰・谷口榮・樋口州男編 『人物伝小辞典 古代・中世編』 東京堂出版 2004年 51頁
  3. ^ a b c d 『今鏡』巻1,すべらぎの上,つかさめし
  4. ^ a b 山口[2013: 24]
  5. ^ 「美作土民散任藤原秀隆塔願文」『江都督納言願文集』
  6. ^ 『水左記』承保4年12月15日条
  7. ^ 山口[2013: 25]
  8. ^ a b 『続古事談』第2,臣説
  9. ^ 『水左記』永保元年8月28日条
  10. ^ 『今鏡』村上の源氏,第七,うたたね
  11. ^ 『中右記』長治2年8月27日条
  12. ^ 『中右記』天永2年11月5日条
  13. ^ 『中右記』天仁元年3月5日条
  14. ^ 『中右記』天仁元年3月5日条
  15. ^ 維時の系統では傍流の大江斉光が公卿になっているが、彼の子孫は出家するなどして断絶している。
  16. ^ 『永昌記』天永2年11月5日条
  17. ^ 佐藤道生「大江匡房の官職・位階と文学」(日向一雄 編『王朝文学と官職・位階』竹林舎2008年 ISBN 978-4-902084-84-9
  18. ^ 『勅撰作者部類』
  19. ^ 戸川点「大江匡房」/ 小野一之・鈴木彰・谷口榮・樋口州男編 『人物伝小辞典 古代・中世編』 東京堂出版 2004年 52ページ
  20. ^ 『中右記』
  21. ^ 山崎[2008: 11]

参考文献編集

関連項目編集