メインメニューを開く

川口 大司(かわぐち だいじ、1971年[1] - )は、日本の経済学者東京大学教授。専門は労働経済学[2]Ph.D. in Economics(ミシガン州立大学、2002年)。主著『日本の外国人労働力』は第52回日経・経済図書文化賞を受賞した (2009年) [3]東京都出身[1]

川口 大司
Daiji KAWAGUCHI
生誕 1971年????
日本の旗 日本東京都
研究機関 東京大学
研究分野 労働経済学
母校 早稲田大学政治経済学部(学士)
一橋大学大学院経済学研究科(修士)
ミシガン州立大学(博士)
学位 Ph.D.
受賞 日経・経済図書文化賞(2009年)
情報 - IDEAS/RePEc
テンプレートを表示

目次

来歴編集

1971年6月東京都生まれ[1]1994年早稲田大学政治経済学部経済学科卒業後、一橋大学に進学、1996年に同大より経済学の修士号を得る[1]一橋大学大学院経済学研究科修了後、ミシガン州立大学に留学し、同校在学中の2001年には論文"Human Capital Accumulation of Salaried and Self-employed Workers"で森口賞を受賞した[4]。翌2002年にはミシガン州立大学より経済学の博士号 (Ph.D.) を取得した[1]。帰国後、大阪大学社会経済研究所講師 (2002年-2003年)、筑波大学社会工学系講師 (2003年-2005年)、一橋大学大学院経済学研究科准教授 (2005年-2013年)、一橋大学大学院経済学研究科教授 (2013年-2016年)を経て、 2016年4月より東京大学大学院経済学研究科教授[1][5]。この間、オーストラリア国立大学社会科学研究所訪問研究員 (2004年)、カリフォルニア大学バークレー校訪問研究員 (2005年-2006年)を務めた[5]

研究編集

後進の育成にも力を入れているほか、学界と政策現場との橋渡し役をも担っており、さらに日本経済新聞「経済教室」に寄稿するなど現実の政策課題に対する情報発信も行っている[2]

藤田昌久 (京都大学名誉教授) は川口の研究について、1. 欧米の最先端の研究を踏まえた上で日本の現実を考慮した緻密な計量実証分析、2. 政策への強い関心、3. 研究者ネットワークの幅広さ、の三点を特徴として挙げている[2]

受賞編集

著書編集

共著編集

  • 中村二朗内藤久裕神林龍町北朋洋『日本の外国人労働力』日本経済新聞出版社、2009年。ISBN 978-4532133719
  • 大内伸哉)『法と経済で読みとく雇用の世界』(有斐閣、2012年)ISBN 978-4641163898
    • (大内伸哉)『法と経済で読みとく雇用の世界(新板)』(有斐閣、2014年)ISBN 978-4641164291

共編著編集

主要な論文編集

  • Kawaguchi, Daiji (2003), “Human capital accumulation of salaried and self-employed workers”, Labour Economics 10 (1): 55–71, doi:10.1016/S0927-5371(02)00134-3 
  • Kawaguchi, Daiji (2004). “Peer effects on substance use among American teenagers”. Journal of Population Economics 17 (2): 351-367. doi:10.1007/s00148-003-0158-x. 
  • Kawaguchi, Daiji (2007). “A market test for sex discrimination: Evidence from Japanese firm-level panel data”. International Journal of Industrial Organization 25 (3): 441–460. doi:10.1016/j.ijindorg.2006.05.006. 
  • Glomm, Gerhard; Kawaguchi, Daiji; Sepulveda, Facundo (2008). “Green taxes and double dividends in a dynamic economy”. Journal of Policy Modeling 30 (1): 19–32. doi:10.1016/j.jpolmod.2007.09.001. 

テレビ出演編集

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f CV: Daiji Kawaguchi (PDF)” (英語) (2014年7月). 2014年12月2日閲覧。
  2. ^ a b c 藤田昌久 (2015年11月). “労働政策に多角的な視座 (PDF)”. 日本経済研究センター. 2015年11月22日閲覧。
  3. ^ a b 『日経・経済図書文化賞』 受賞図書一覧 (PDF)”. 日本経済研究センター. 2014年12月1日閲覧。
  4. ^ a b 第3回社研・森口賞受賞者”. 大阪大学社会経済研究所. 2014年12月2日閲覧。
  5. ^ a b 川口大司 CV (PDF)”. 2014年12月2日閲覧。
  6. ^ Kawaguchi 2003.
  7. ^ 『日本の外国人労働力』 2009.
  8. ^ 第4回円城寺次郎記念賞の受賞者について”. 日本経済研究センター (2015年11月). 2015年11月22日閲覧。
  9. ^ 受賞等”. 東京大学大学院経済学研究科. 2016年4月22日閲覧。

外部リンク編集