メインメニューを開く

鶴光太郎

日本の経済学者

鶴 光太郎(つる こうたろう、1960年- )は、日本の経済学者、慶應義塾大学教授。

東京都生まれ。1984年東京大学理学部数学科卒業、オックスフォード大学大学院経済学研究科で1991年経済学修士号取得、2003年経済学博士号(D. Phil.)取得。1984年経済企画庁勤務、1995年OECD経済総局エコノミスト、2000年日本銀行金融研究所研究員、2001年経済産業研究所上席研究員、2012年慶應義塾大学商学研究科教授となる[1]。2017年『人材覚醒経済』で日経・経済図書文化賞受賞。

著書編集

共編著編集

  • 『日本の財政改革 「国のかたち」をどう変えるか』青木昌彦共編著 東洋経済新報社 経済政策分析シリーズ 2004
  • 『労働市場制度改革 日本の働き方をいかに変えるか』樋口美雄,水町勇一郎共編著 日本評論社 2009
  • 『労働時間改革 日本の働き方をいかに変えるか』樋口美雄, 水町勇一郎共編著 日本評論社 2010
  • 『非正規雇用改革 日本の働き方をいかに変えるか』樋口美雄, 水町勇一郎共編著 日本評論社 2011
  • 『最低賃金改革 日本の働き方をいかに変えるか』大竹文雄,川口大司共編著 日本評論社 2013
  • 『経済学は何をすべきか』岩井克人,小林慶一郎,中神康議,矢野誠,大橋弘共著 日本経済新聞出版社 2014

論文編集

脚注編集

  1. ^ 外部リンク参照

外部リンク編集