メインメニューを開く

川越スカラ座(かわごえすからざ)は、埼玉県川越市元町1丁目にある映画館

川越スカラ座
Kawagoe Scalaza
Kawagoe Scalaza 1.JPG
情報
正式名称 川越スカラ座
旧名称 一力亭、おいで館、川越演芸館、川越松竹館
完成 1945年
開館 1963年
客席数 124
設備 ドルビーステレオ
用途 映画上映、各種催し
旧用途 寄席演芸
運営 特定非営利活動法人(NPO法人)プレイグラウンド
所在地 350-0062
埼玉県川越市元町1丁目1-1
位置 北緯35度55分26.7秒 東経139度29分4.4秒 / 北緯35.924083度 東経139.484556度 / 35.924083; 139.484556座標: 北緯35度55分26.7秒 東経139度29分4.4秒 / 北緯35.924083度 東経139.484556度 / 35.924083; 139.484556
アクセス 東武バス一番街停留所下車
西武新宿線本川越駅から徒歩15分
外部リンク http://k-scalaza.com/

概要編集

前身は1905年明治38年)に開業した寄席「一力亭」。その後、1907年(明治40年)に「おいで館」、1921年大正10年)に「川越演芸館」と改称し営業を継続したが、戦後の1945年昭和20年)に松竹の封切館「川越松竹館」として再建。1963年(昭和38年)に現館名に改称。「シアターホームラン」(旧:ホームラン劇場)と共に川越市内を代表する映画館として市内の映画ファンに親しまれた。

2000年代に入り、埼玉県内の主要都市にシネマコンプレックスが多数開業し、経営的にも苦戦を強いられる。さらには経営者の高齢化も逆風となり、ライバル館だった「シアターホームラン」が閉館(2006年2月)に追い込まれた1年3ヵ月後の2007年平成19年)5月27日を最後に、しばらくの休館を余儀なくされる。しかし、この劇場で上映会を行った経験を持つ特定非営利活動法人「プレイグラウンド」に経営が譲られ、賛助会員を募って同年8月18日、500万円の出資金で再オープンを果たす。

現在はミニシアター向きの作品を中心に上映する一方、俳優や映画監督を招いての舞台挨拶やトークショーなどの催しも行う“市民映画館”として営業を続けている。定員124人。

外部リンク編集