メインメニューを開く

川路 龍子(かわじ りゅうこ、1915年大正4年)8月23日 - 1996年平成8年)4月20日)は日本の女優。元松竹歌劇団(SKD)男役スター。東京都出身。本名は千葉柳(りゅう)。

かわじりゅうこ
川路龍子
川路龍子
松竹歌劇団脚本集(1949年)より
本名 千葉柳
別名義 河路龍子
生年月日 (1915-08-23) 1915年8月23日
没年月日 (1996-04-20) 1996年4月20日(80歳没)
出生地 東京都
国籍 日本の旗 日本
職業 女優
活動期間 1930年 - ?
主な作品
舞台
『西域へ行く』(1948年)
『竜虎』(1954年)
『ふるさとの秋』(1962年)
『落花譜』(1964年)
映画出演
『踊る竜宮城』(1949年)
『女三四郎』(1950年)
『夢多き頃』(1951年)
『燃える上海』(1954年)
テンプレートを表示

目次

略歴編集

1931年(昭和6年)、東京松竹楽劇部(後の松竹歌劇団(SKD))に10期生として入り、同年『秋のをどり』で初舞台。当時の芸名は河路龍子。後に川路龍子と改め、『士官候補生』(1935年)、『天国太平記』(1938年)などの作品に出演し、1939年(昭和14年)に幹部に昇進。1944年(昭和19年)大幹部となり、翌年からは松竹本社と直接契約し、特別出演の形でSKDの公演に参加した。1963年(昭和38年)に『第28回秋の踊り』により、芸術祭奨励賞を受賞。1965年(昭和40年)3月の『第34回東京踊り』を最後に舞台を引退し、以後はSKDの衣装デザインのスタッフとして長く活躍した。代表的な舞台に『西域へ行く』(1948年)、『竜虎』(1954年)、『ふるさとの秋』(1962年)、『落花譜』(1964年)など。

映画出演も多く、『踊る竜宮城』(1949年)に浦島太郎役で主演したほか、『女三四郎』(1950年)、淡島千景小月冴子と共演した『夢多き頃』(1951年)、川島芳子を演じた『燃える上海』など、スクリーン上でも「男装の麗人」ぶりを遺憾なく発揮している。

1996年(平成8年)4月20日、死去。80歳没。

出演編集

舞台編集

  • 秋のをどり
  • 士官候補生(1935年)
  • 天国太平記(1938年)
  • 西域へ行く(1948年)
  • 竜虎(1954年)
  • ふるさとの秋(1962年)
  • 落花譜(1964年)

映画編集

  • 裁く水戸黄門(1941年)
  • グランド・ショウ1946年(1946年)
  • 粋な風来坊(1946年)
  • 踊る竜宮城(1949年)
  • 女三四郎(1950年)
  • 女佐膳(1950年)
  • 黄金バット 摩天楼の怪人(1950年)
  • 夢多き頃(1951年)
  • 珍説忠臣蔵(1953年)
  • 燃える上海(1954年)