メインメニューを開く
I-10.svg
赤線が州間高速道路10号線

州間高速道路10号線(しゅうかんこうそくどうろ10ごうせん、Interstate Highway 10、略称:I-10)は、アメリカ合衆国を横断する州間高速道路である。

I-10は、最南端に位置する東西・太平洋-大西洋横断高速道路である。最西端はカリフォルニア州サンタモニカで、最東端はフロリダ州ジャクソンビル

全長編集

マイル  キロメートル
242.54  390.33 カリフォルニア州
392.33  631.39 アリゾナ州
164.27  264.37 ニューメキシコ州
881  1418 テキサス州
274.42  441.64 ルイジアナ州
77.19  124.23 ミシシッピ州
66.31  106.72 アラバマ州
362.26  583.00 フロリダ州
2460  3959 合計

主要都市編集

代替ルート編集

I-310とI-510はニューオーリンズの南のバイパスである。I-610はニューオーリンズの中心部を避け、東西を通る。

バトンルージュとI-59間に位置するI-12は、I-10とI-59を結ぶ近道である。これは、I-10がI-12よりも南側に曲がる為である。

2005年8月にはハリケーンカトリーナの襲来で、ニューオーリンズ-ポントチャートレイン間のI-10が深刻な被害を受けた。大動脈のエスカンビア・ベイブリッジ(フロリダ州ペンサコーラの東,ハリケーン・アイバンによって被害を受けた)とは違い、I-12がニューオーリンズのバイパスとしてあったため、レーク・ポンチャートレインとニューオーリンズの東からの往来が可能だった。2005年10月14日の午後3:00には、東区間の破損部分は開放された。 2006年1月6日の午前6:00には西区間の破損部分が開放された。 この区間では、西行きの制限速度は45mph(時速72km)に、東行きの制限速度は60mph(時速96km)に設定された。 特大・重量超過の車両は6車線道路が建設されるまで規制となっている。 2008/2009年には西行き、2011年には東行きの新道路が完成する。 

ミシシッピ州では、パスガゴーラ川が区間が開放され、通常に機能している。

I-610はテキサス州ヒューストンの環状道路でもある。 また、I-410はテキサス州サンアントニオの環状道路。

他の州間高速道路との分岐編集