工藤 真由美(くどう まゆみ、1949年昭和24年) - )は、日本言語学者大阪大学名誉教授・特任教授。専門は、日本語学言語接触論

人物編集

愛媛県宇和島市生まれ。1972年津田塾大学学芸学部 英文学科 卒業 1979年東京大学大学院人文科学研究科博士後期課程単位取得退学。横浜国立大学教育学部講師、同助教授を経て、1998年より大阪大学大学院文学研究科教授。99年「アスペクト・テンス体系とテクスト」で阪大文学博士。2015年定年退任。現代日本語記述文法において幅広い研究分野を有する。言語学研究会のメンバーであり、教育科学研究会・国語部会でもしばしば講義を行っている。日本学術会議会員。2014年『現代日本語ムード・テンス・アスペクト論』で新村出賞受賞。

著書編集

  • 『アスペクト・テンス体系とテクスト―現代日本語の時間の表現』ひつじ書房 1995年
  • 『児童生徒に対する日本語教育のための基本語彙調査』ひつじ書房 1999年
  • 『日本語のアスペクト・テンス・ムード体系―標準語研究を超えて―』ひつじ書房 2004年
  • 『現代日本語ムード・テンス・アスペクト論』ひつじ書房 2014

共編著編集

  • 『にほんごだいすき』全7巻 鈴木重幸共編 むぎ書房 1995-2009
  • 『日本語の文法 時・否定と取り立て』金水敏沼田善子共著 岩波書店 2000
  • 『シリーズ方言学 方言の文法』佐々木冠渋谷勝己,井上優,日高水穂共著 岩波書店 2006年
  • 『日本語形容詞の文法 標準語研究を超えて』編 ひつじ書房 2007
  • 『複数の日本語 方言からはじめる言語学』八亀裕美共著 講談社選書メチエ 2008
  • 『ブラジル日系・沖縄系移民社会における言語接触』森幸一山東功李吉鎔中東靖恵共著 ひつじ書房 2009
  • 『日系移民社会における言語接触のダイナミズム :ブラジル・ボリビアの子供移民と沖縄系移民』森幸一共編. 大阪大学出版会, 2015

関連項目編集

外部リンク編集