メインメニューを開く

市原臨海球場(いちはらりんかいきゅうじょう)は、千葉県市原市岩崎にある野球場市原緑地運動公園内にあり、すぐ隣には市原緑地運動公園臨海競技場がある。社会人野球千葉県大学野球、高校野球千葉県大会など、主にアマチュア大会で使用されている。年に数回、イースタンリーグ公式戦が開催される。ホームベース後ろには、市木であるイチョウの葉が描かれている。

市原臨海球場
Ichihara Seaside Baseball Stadium
Outward appearance of Ichihara Seaside Baseball Stadium.jpg
市原臨海球場の位置(千葉県内)
市原臨海球場
施設データ
所在地 千葉県市原市岩崎315(市原緑地運動公園内)
座標 北緯35度31分38秒 東経140度4分9.8秒 / 北緯35.52722度 東経140.069389度 / 35.52722; 140.069389座標: 北緯35度31分38秒 東経140度4分9.8秒 / 北緯35.52722度 東経140.069389度 / 35.52722; 140.069389
所有者 市原市
グラウンド 人工芝(砂入り)
照明 6基
使用チーム • 開催試合
全国高等学校野球選手権千葉大会
サウザンリーフ市原
収容能力
約9,800人
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積:13,865m2
両翼:98 m、中堅:122 m

目次

歴史編集

  • 1999年7月に全面改装オープン。芝が人工芝に変わる。

施設命名権編集

2012年秋に臨海競技場、臨海球場と、市原市能満にある別施設の市原市中央武道館の3点セットで命名権を公募した。審査の結果、地元市原市でオリジナルユニフォーム・Tシャツの制作やゴルフ・つり具のリサイクル事業を展開しているゼットエー株式会社が、2013年4月から3年間、臨海競技場とセットで年間300万円で取得(中央武道館はそれとは別に年間150万円)し、愛称を「ゼットエーボールパーク」とすることが決まった[1]。2016年4月からさらに3年間更新されている[2]

施設概要編集

  • 敷地面積:面積13,865m2
  • 両翼98m、中堅122m
  • 収容人数:約9,800人
  • 人工芝(砂入り)
  • 照明灯:6基
 
電光掲示板

交通アクセス編集

  • JR五井駅から
    • 臨時バスで約5分(大人200円、子供100円)
    • 西口3番のりばから姉ヶ崎駅西口(アピタ前経由)行きバスに乗車。吹上通り角下車(運賃100円)。徒歩10分。
    • 徒歩約30分。

関連項目編集

脚注編集