布施 孝尚(ふせ たかひさ、1961年7月27日 - )は、日本政治家歯科医師。元宮城県登米市長(3期)。

布施 孝尚
ふせ たかひさ
生年月日 (1961-07-27) 1961年7月27日(60歳)
出生地 宮城県登米市
出身校 日本大学歯学部
前職 歯科医師
所属政党 無所属

当選回数 3回
在任期間 2005年4月29日 - 2017年4月28日
テンプレートを表示

来歴編集

宮城県登米市出身[1]宮城県佐沼高等学校日本大学歯学部卒業[2]

2005年(平成17年)4月1日、登米郡8町(迫町登米町南方町東和町中田町豊里町米山町石越町)と本吉郡津山町が合併し、登米市が誕生する。それに伴って同年4月29日に執行された登米市長選挙に無所属で出馬し、初当選。

2009年(平成21年)4月、無投票により2期目の当選を果たす。

2013年(平成25年)4月21日執行の市長選に、自由民主党民主党公明党の推薦を受けて無所属で出馬。元市議会議員の遠藤音を破り、3期目の当選[3]

2017年(平成29年)、元県議の熊谷盛広との一騎打ちに敗れ落選[4]

脚注編集

[脚注の使い方]