メインメニューを開く

帝都座(ていとざ)とは、かつて東京都新宿区に存在した映画館及び劇場である。[1]1931年5月1日日活映画の封切り館として開館された。

帝都座
TEITOZA
情報
正式名称 帝都座
完成 1931年
開館 1931年5月1日
閉館 1972年
用途 映画上映、演劇、ストリップショー
運営 株式会社帝都座→東京宝塚劇場日活
所在地 東京都四谷区新宿三丁目
(現在の新宿区新宿三丁目30-16、新宿マルイ本館の位置)

地上7階地下2階。開館当時に発行されたキネマ週報では、設計は僊石政太郎と伝えられる。 1940年、東京宝塚劇場傘下となる。[2] その後、東京宝塚劇場(のちの東宝)の社長であった秦豊吉の下で、5階の劇場において1947年1月にストリップ額縁ショー』を上演。

年表編集

  • 1931年 - 株式会社帝都座が日活映画の封切館として開館。
  • 1940年 - ダンス禁止令施行に伴い5階のダンスホール閉鎖。新しく吉本興業の演芸場としてオープン。
  • 1940年 - 秦豊吉が東京東宝劇場の第3代社長となり、帝都座も東京東宝劇場の経営下となる。
  • 1946年 - 五階劇場を新しくレビュー劇場としてオープンすべく準備。指揮は当時株式会社帝都座であった秦豊吉。定員420名。
  • 1947年 - 五階劇場のオープンとして『ヴィナスの誕生』が開幕。15日まで。脚本:佐谷功、構成・振付:益田博公演で料金は20円。
  • 1947年 - 『額縁ショー』のモデルが中村笑子から甲斐美和に変わる。
  • 1947年 - 第2回公演『ラ・パンテオン』(20景)でルーベンスの「アンドロメダ」の額縁ショーで甲斐美和が乳房を見せる。
  • 1947年 - 最初の演劇公演として劇団東童による『春の目ざめ』。
  • 1947年 - 空気座による『肉体の門』公演。
  • 1947年 - 『東郷青児アルバム』で『額縁』の中からモデルが抜け出し踊るシーン。他にも原京子が後期に『額縁ショー』に出演。
  • 1947年 - 演劇公演『春香伝』。
  • 1948年 - 薔薇座公演『堕胎医』。
  • 1948年 -『思い出のアルバム 第一集』で、片岡マリが額縁から抜け出し、乳房を露出したまま踊りまわった。
  • 1948年 - 『踊る益田隆』公演。
  • 1948年 - 帝都座五階劇場が閉場。この頃は株主としての日活の力が強くなっており、日活名画館として外国映画を上映するようになる。
  • 1972年 - 新宿日活劇場 (旧・帝都座) を27億8500万で丸井に売却。

参照編集

[ヘルプ]
  1. ^ NFC Digital Gallery 第5回 戦前期日本の映画館写真(3)―東京・新宿 渋谷 神田 六本木篇” (2013年12月17日). 2016年1月26日閲覧。
  2. ^ 帝都座 - SMpedia”. 2016年1月26日閲覧。