帰仁区(グイレン/きじん-く)は台湾台南市に位置する市轄区

台南市 帰仁区
別称: 紅瓦
THSR Tainan 01.JPG
地理
Gueiren TN.svg
位置 北緯22°58'
東経120°17'
面積: 55.7913 km²
各種表記
繁体字: 歸仁區
日本語読み: きじん
拼音: Guīrén
通用拼音: Gueīrén
注音符号: ㄍㄨㄟ ㄖㄣˊ
片仮名転写: グイレン
台湾語: Kui-jîn
客家語: Kûi-yìn
行政
行政区分: 市轄区
上位行政区画: 台南市
下位行政区画: 21里630鄰
帰仁区長: 陳必成
公式サイト: 帰仁区公所
情報
総人口: 67,509 人(2015年1月)
世帯数: 21,985 戸(2015年1月)
郵便番号: 711
市外局番: 06

地理編集

帰仁区は台南市南端に位置し、北は永康区新化区と、東は関廟区と、西は仁徳区と、南は高雄市阿蓮区路竹区とそれぞれ接している。嘉南平原に位置しているため全域で平地となっており、丘陵は存在しない。二仁渓の支流である許県渓が区内を流れている。

歴史編集

帰仁区は古くは西拉雅族新港社の居住地である。伝承では陳、李両姓の漢人が現在の帰仁国小の南側に入植を開始し、赤レンガで住居を構えたことから旧名の「紅瓦厝」が生じたとされている。鄭成功時代、この地に書院が設立され「天下帰仁焉」の一文から「帰仁里」と改称された。1920年の台湾地方改制の際、この地に「帰仁庄」が設けられ台南州新豊郡の管轄とされた。戦後に台南県帰仁郷と改められ、2010年12月25日の台南県の台南市編入に伴い帰仁区と改編され現在に至る。

経済編集

行政区編集

七甲里、大廟里、西埔里、看西里、南保里、崙頂里、媽廟里、八甲里、六甲里、沙崙里、看東里、南興里、辜厝里、帰仁里、大潭里、文化里、武東里、後市里、許厝里、新厝里、帰南里

歴代区長編集

氏名 着任日 退任日

教育編集

 
長栄大学の行政ビル

大学編集

高級中学編集

国民中学編集

国民小学編集

交通編集

種別 路線名称 その他
鉄道 台湾高速鉄道 台南駅
鉄道 台湾鉄路管理局沙崙線 沙崙駅 長栄大学駅 2011年開通
鉄道 台湾糖業公司関廟線 帰仁駅 六甲駅 1972年旅客取扱廃止
国道 国道1号 中山高速道路 台南IC
省道 台86線 東西向快速道路 台南関廟線

観光編集

関連項目編集