メインメニューを開く

常の山 日出男(つねのやま ひでお、1946年8月7日 - )は、岡山県児島郡(現在の倉敷市)出身で出羽海部屋所属の元大相撲力士。本名は鈴木 日出夫。身長172cm、体重100kg。最高位は西十両12枚目(1978年5月場所)。年寄・10代出羽海(元関脇鷲羽山佳和)の兄で常ノ山勝正の甥である(従って平成の元前頭常の山勝正の義理の従兄弟にも当たる)。

目次

来歴編集

1964年9月初土俵、序ノ口で優勝し、幕下までは昇進が早かったが、体格が小柄だったこともあって、そこで長く足踏みし、弟の鷲羽山佳和に出世では追い抜かされてしまった。しかし、1978年5月、初土俵から13年あまりでようやく新十両、けがで十両に落ちていた鷲羽山と共に戦後初の兄弟同時関取となった。十両昇進時、ちばてつやの相撲漫画『のたり松太郎』の主人公・荒駒と相棒の駒田中の化粧まわしを贈呈されている。[1]初っ切り相撲甚句の名人と言われ出羽海部屋の料理長も務めていた。1979年9月場所限りで引退。引退後は大阪の料亭で修行を積み、郷里の岡山で店を開いた。

主な成績編集

  • 十両成績:7勝23敗
  • 十両在位:2場所

改名歴編集

  • 鈴木(すずき)1964年9月場所
  • 出羽嵐 日出男(でわあらし ひでお)1964年11月場所 - 1978年3月場所
  • 常の山 日出男(つねのやま ひでお)1978年5月場所 - 1979年9月場所

脚注編集

  1. ^ 千代大龍は「キン肉マン」/主な漫画化粧まわしメモ 日刊スポーツ 2017年4月25日9時50分 紙面から

関連項目編集

外部リンク編集