メインメニューを開く

春日野部屋

日本の相撲部屋

歴史編集

1925年(大正14年)5月場所に現役を引退した出羽海部屋所属の横綱栃木山が、引退に伴い自身の養父である行司・木村宗四郎が所有する年寄名跡を継承して年寄・8代春日野を襲名し、当時「分家独立を許さず」の不文律があった出羽海部屋から例外的に独立を許されて春日野部屋を創設した。8代は横綱栃錦などの関取を育て上げた。

8代は1959年(昭和34年)10月に逝去し、それに伴い、部屋所属の横綱・栃錦が現役力士のまま二枚鑑札で9代春日野を襲名して部屋を継承した。9代は1960年5月場所に現役を引退して年寄専任となり、以降、師匠として横綱・栃ノ海大関栃光関脇栃東、関脇・栃赤城、関脇・栃乃和歌などといった多くの関取を育て上げた。

約30年にわたり師匠を務めた9代は1990年(平成2年)1月に逝去し、それに伴い、部屋付き親方である9代中立(元横綱・栃ノ海)が10代春日野を襲名して部屋を継承した。10代は関脇・栃乃洋小結栃乃花などといった関取を育て上げた。

その後、10代の定年退職を1ヶ月後に控えた2003年2月に、部屋付き親方である17代竹縄(元関脇・栃乃和歌)が10代と年寄名跡を交換する形で11代春日野を襲名して部屋を継承した。11代はこれまでに栃煌山栃ノ心栃乃若などといった関取を育てている。

部屋には、開祖の栃木山に因んで四股名に「栃」の字が付けられた力士が多い[1]。ただし、栃東大裕のように「栃」が付いても春日野部屋の所属でない力士も居る(実父である先代栃東は春日野部屋所属)。1938年(昭和13年)5月場所以降、1967年9月場所を除いて幕内力士を絶やしていない。2012年2月13日に旧・田子ノ浦部屋の師匠である14代田子ノ浦(元幕内・久島海)が急逝したため、同年3月場所前に幕内・碧山を始めとする力士3人が同部屋から加わった。2013年1月28日には閉鎖された旧・二所ノ関部屋から9代富士ヶ根(元小結・大善)を受け入れた。同年10月3日には閉鎖された三保ヶ関部屋から幕内・阿覧を始めとする力士6人や行司など計12人を受け入れた。

2017年1月場所の番付で、高砂部屋所属の関取が1878年以来138年ぶりに不在となって以降は、この春日野部屋が最も関取が継続している部屋となっている(1935年5月から始まり、最長となった2016年12月26日時点では81年)。

2018年1月場所で栃ノ心が幕内最高優勝し、同部屋では先代栃東以来46年ぶりの優勝力士が誕生した。

なお、現在までに春日野部屋からは玉ノ井部屋入間川部屋千賀ノ浦部屋が分家独立を果たしている。

現在の部屋家屋は、土地価格の異常高騰化以来相続に莫大な税金が発生するため、9代春日野は両国に部屋を残す手段として所有権を不動産会社と分け合う「等価交換方式」を採用して部屋を立てたものである。1階は稽古場、2階は大部屋、3階は11代春日野の自宅、4階以上は分譲マンションになっている[2]

所在地編集

師匠編集

  • 8代: 春日野 剛也(第27代横綱・栃木山、栃木
  • 9代: 春日野 清隆(かすがの きよたか、第44代横綱・栃錦、東京
    1960年5月まで二枚鑑札1974年から1988年まで日本相撲協会理事長
  • 10代: 春日野 晃将(かすがの てるまさ、第49代横綱・栃ノ海、青森
  • 11代: 春日野 清隆(かすがの きよたか、関脇・栃乃和歌、和歌山

所属年寄編集

  • 富士ヶ根 全陽(ふじがね まさはる、小結・大善、大阪)※二所ノ関部屋から移籍
  • 二十山 仁(はたちやま ひとし、小結・栃乃花、岩手)
  • 竹縄 泰一(たけなわ たいいち、関脇・栃乃洋、石川)
  • 三保ヶ関 篤志(みほがせき あつし、前1・栃栄、佐賀)
  • 岩友 守(いわとも まもる、前7・木村山、和歌山)
  • 待乳山 孝晴(まつちやま たかはる、小結・播竜山、兵庫)※三保ヶ関部屋から移籍

力士編集

現役の関取経験力士編集

横綱・大関編集

横綱編集

大関編集

幕内編集

関脇編集

小結編集

前頭編集

十両編集

行司編集

脚注編集

  1. ^ ただし、阿覧碧山など、他の部屋から移籍してきた力士には例外的に「栃」が付かない場合もある。
  2. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(1) 出羽海部屋・春日野部屋 』(2017年、B・B・MOOK)p66

外部リンク編集