平城村

日本の奈良県生駒郡にあった村

平城村(へいじょうむら)は奈良県北西部、生駒郡に属していた。現在は奈良市の北部、登美ヶ丘(西登美ヶ丘全域と中登美ヶ丘4・5丁目は旧富雄町域)や平城ニュータウンの区域に相当する。

へいじょうむら
平城村
廃止日 1951年3月15日
廃止理由 編入合併
添上郡大安寺村、東市村、生駒郡平城村 → 奈良市
現在の自治体 奈良市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 奈良県
生駒郡
総人口 4,162
国勢調査、1950年)
隣接自治体 奈良県:奈良市生駒郡伏見町富雄村北倭村
京都府:相楽郡山田荘村相楽村
平城村役場
所在地 奈良県生駒郡平城村大字秋篠
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

歴史編集

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、添下郡 押熊村, 中山村, 歌姫村, 山陵村, 秋篠村が合併し平城村が成立。
  • 1897年(明治30年)4月1日 - 所属郡を生駒郡に変更。
  • 1951年昭和26年)3月15日 - 奈良市に編入され、消滅。

交通編集

鉄道編集

現在は近鉄京都線に高の原駅が、近鉄けいはんな線(2006年開通)に学研奈良登美ヶ丘駅がそれぞれ旧村域に所在するが、当時は未開業。

関連項目編集