平山 亮(ひらやま まこと)は、日本の情報工学者。大阪工業大学情報科学部情報メディア学科教授。工学博士(早稲田大学)。画像電子学会フェロー・画像関連学会連合会第4回秋季大会実行委員。

主な専門は、情報デザインコンテンツコンピュータグラフィックス(CG)開発、マルチメディア情報(画像映像音声アニメデジタルサイネージなど)応用など。主な所属学会は、情報処理学会電子情報通信学会画像電子学会日本音響学会日本教育工学会IEEEACMなど[1][2]

略歴編集

1985年早稲田大学理工学部電気工学科卒業。後に、工学博士早稲田大学)、レスター大学大学院MBA取得。国際電気通信基礎技術研究所(ATR)人間情報通信研究所、日本ヒューレット・パッカード研究所などを経て、2013年に大阪工業大学情報科学部に着任し、現在は同学部情報メディア学科教授。

主な研究編集

主な国際会議での発表は、

  • International Workshop on Advanced Imaging Technology (IWAIT) 2021(オンライン): 「Usability comparison of screen based and virtual reality based virtual museums」
  • International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT) 2020(ジョグジャカルタ特別州):「Articulation awareness with a 3D tongue using a VR system」
  • The 6th IIEEJ International Conference on Image Electronics and Visual Computing 2019(バリ):「An audio projection method by a parametric speaker for sizzling food presentations on tabletop displays」

外部リンク編集

脚注編集