画像
Faust bei der Arbeit.JPG

画像(がぞう)とは、事象を視覚的に媒体に定着させたもので、そこから発展した文字は含まない(例:文字と画像、書画)。定着される媒体は主に2次元平面であるが、金属、樹脂や、モニタaoープロジェクター等の出力装置がある。また、3次元の貼り絵ホログラフィー等も含まれる。

目次

歴史編集

現存する古い画像は後期旧石器時代洞窟壁画(スペインの《アルタミラ洞窟壁画》(全文:La Cueva de Altamira(Museo de Altamira)[1]や、フランスラスコー洞窟壁画》(書影:三浦定俊(2008)[2])。)等)である。これらの画像すなわち、岩面画から抽象化が行われ、画像に属するピクトグラム(絵文字)、さらに文字に属する象形文字が生まれた。

語源編集

同義語編集

用語「画像」の分類編集

画像ファイル編集

コンピュータグラフィックスのファイル形式

標準画像ファイルフォーマット

画像の単位編集

画像の要素

色の表現

画像圧縮

典拠:全文、書影編集

参考資料編集

  • 映像革命CG―コンピュータ・グラフィックスで社会、芸術、産業が変わる ISBN 978-4872463040

関連項目編集