メインメニューを開く

平川 香織(ひらかわ かおり、2000年7月29日-)は、日本の元フィギュアスケート選手で、現在は女子ボートレーサーである。

Pix.gif 平川 香織
Kaori HIRAKAWA
Figure skating pictogram.svg
基本情報
代表国: 日本の旗 日本
生年月日: (2000-07-29) 2000年7月29日(19歳)
出生地: 東京都杉並区
所属クラブ: 日本橋女学館高等学校
(休学中)
引退: 2016年
平川香織
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都杉並区
生年月日 (2000-07-29) 2000年7月29日(19歳)
身長 150cm
体重 47kg
血液型 B型
競艇選手情報
所属 埼玉支部
登録番号 5045
登録期 122期
級別 B2級
選手実績
デビュー日 2018年5月22日
主要獲得タイトル
テンプレートを表示

東京都杉並区出身[1]。最終学歴は日本橋女学館高等学校休学中[2]。登録番号は5045。同期には元アーティスティックスイミングの選手で日本代表「マーメイドジャパン」にも選出された、アーティスティックスイミング界から初めてボートレーサーに転向した計盛光らがいる。

フィギュアスケート選手がボートレーサーに転向したのは、フィギュア界および競艇界ともに初の事例である。

目次

来歴

フィギュアスケート選手時代

6歳より高校休学までの約10年の短い期間の活動ではあったが、平川はもともとはシングルスケーティングでのフィギュアスケート選手であった[3]

小学生時代には後に男子フィギュア界で世界的活躍をすることとなる羽生結弦と同じコーチが指導していたことから、羽生と同じ場所で練習していたこともあった[4]

中学校はフィギュアスケートの名門選手が進学することの多い日本橋女学館中学校(現・開智日本橋学園中学校)に入学。同中学校では中高一貫校のため、中学校卒業後は日本橋女学館高等学校に進学した。中学校・高校での同学年には後に世界各国でのフィギュアスケートの大会で大いに活躍することとなる樋口新葉がいる[5]。また、時期までは不明であるものの、樋口と同じクラス=学級になったこともあった[3]

中学校時代には大会にも数多く出場しており、2014年2015年には全国中学校体育大会のスケート競技部門である全国中学校スケート大会に出場した実績がある。

平川は父親がボートレースファンだったことから、その影響でフィギュアスケート選手時代よりボートレースにも造詣があった。幼少期より戸田競艇場などのレース場に父親とよく連れて行ってもらっており、レース場のゲームコーナーによく入っていたり、時にはレースの観戦もしていた[6]。フィギュアスケート選手としての成績が伸び悩んでいた2015年、同年5月に引退した当時現役最年長ボートレーサーであった加藤峻二の引退レースを父親と一緒に観戦し、それを契機にボートレーサーへの転向を決意した[1]

その後ボートレーサーに転向する準備のため、平川は高校1年生でフィギュアスケート選手を引退した。また日本橋女学館高等学校に休学届を出して受理され、ボートレーサー募集試験に挑むこととなった。

ボートレーサー転身後

ボートレーサーへの転向を目指すこととなった平川は、ボートレーサー募集試験において、全国中学校スケート大会出場など、フィギュアスケートでの実績が認められ、ボートレーサー養成所にスポーツ推薦として受験し合格[7]。ボートレーサー養成所での訓練を経て2018年5月22日よりボートレーサーでのデビューを果たす[8][3]

平川は生まれも育ちも東京都だが、支部の所属は東京ではなく埼玉を希望し、埼玉支部所属となった。

目標としている選手は2018年現在SG最年少覇者記録を有している静岡支部の服部幸男であると語る[4]

脚注

  1. ^ a b 日本で唯一!「ボートレーサー養成所」の修了式を見てきた - Jタウンネット。2018年3月30日11時48分発信、同年5月7日閲覧。
  2. ^ エー・アンド・エー「マンスリーBOAT RACE」2018年5月号
  3. ^ a b c フィギュアスケート出身、平川香織がデビュー/戸田 - 日刊スポーツ.com。2018年5月21日19時44分発信、同年同月24日閲覧。ただし同記事には樋口と平川が同じクラスになった時期についてまでは言及されていない。
  4. ^ a b フィギュアから転身の平川、羽生の金メダル「刺激になった」 - スポニチアネックス。2018年3月24日5時30分発信、同年5月24日閲覧。
  5. ^ 中学フィギュア(東京)(全国中学校体育大会 フィギュアスケート) - 共同通信社「47SPORTS」2015年2月2日19時39分発信、2018年5月8日閲覧。女子ショートプログラム成績欄に記載されている当時の所属中学校が樋口・平川とも日本橋女学館(当時の校名)となっている。
  6. ^ 週刊実話2018年6月7日号「全速ターン!ボートレース」
  7. ^ <「ボートレーサー養成所」>★第122期 入所生紹介 “平川香織” - ボートレース広報公式Facebook。2017年4月4日発信、2018年5月24日閲覧。
  8. ^ <第122期選手養成訓練 修了式> ★第122期訓練生紹介“平川香織(ひらかわ かおり)” - ボートレース広報公式Facebook。2018年3月22日発信、同年5月7日閲覧。平川はこの期のスポーツ推薦で唯一の合格者である。

外部リンク