メインメニューを開く

平成6年台風第26号

平成6年台風第26号(へいせい6ねんたいふうだい26ごう、国際名:オーキッド〔Orchid〕)は、1994年9月に発生し、近畿地方に上陸した台風である。

台風第26号(Orchid、オーキッド)
カテゴリー4の スーパー・タイフーンSSHWS
最盛期の台風第26号
最盛期の台風第26号
発生期間 1994年9月19日 3:00
30日 15:00
寿命 11日12時間
最低気圧 925 hPa
最大風速
(日気象庁解析)
50 m/s (100 knot)
最大風速
米海軍解析)
135 knot
被害総額
死傷者数 死者3名
被害地域 日本
プロジェクト : 気象と気候災害
テンプレートを表示

目次

経過編集

解説編集

9月19日に発生した台風26号はゆっくりとした速度で北上しながら発達を続け、最盛期には中心気圧が925ヘクトパスカル、最大風速50m/sの大型で非常に強い台風となった。この台風は日本の南海上を北寄りの進路を取り、勢力を弱めながら27日には四国沖に進んだ。その後は速度を上げながら近畿地方に接近し、9月29日19時30分頃に中心気圧950ヘクトパスカル、最大風速40m/sの大型で強い勢力で和歌山県南部に上陸した。台風の上陸した近畿地方を中心に中国地方から北日本の広い範囲に大雨と暴風の被害をもたらし、翌日30日には石川県から日本海へ抜け、15時に津軽半島の西海上で温帯低気圧となった。

この9月4日に開港したばかりの、関西国際空港がこの台風により初めて封鎖された台風でもある。

被害編集

  • 死者3人

関連項目編集

外部リンク編集