平成9年台風第8号

平成9年台風第8号(へいせい9ねんたいふうだい8ごう、国際名:ピーター〔Peter〕)は、1997年(平成9年)6月24日に発生し、日本に上陸した台風である。

台風第8号(Peter、ピーター)
カテゴリー1の タイフーンSSHWS
台風第8号
台風第8号
発生期間 1997年6月24日 15:00
29日 6:00
寿命 4日15時間
最低気圧 970 hPa
最大風速
(日気象庁解析)
35 m/s (65 knot)
最大風速
米海軍解析)
65 knot
被害総額
死傷者数 死者3名
被害地域 日本
プロジェクト : 気象と気候災害
テンプレートを表示

概要編集

 
進路図

6月24日15時にフィリピンの東海上で発生した台風8号は発達しながら北上し、発生から2日後の6月26日には南西諸島に接近、6月27日にかけて通過した。南西諸島を通過した台風は6月27日には九州西の東シナ海で最盛期を迎え、翌6月28日に中心気圧975ヘクトパスカル、最大風速30m/sの勢力で長崎県西彼杵半島付近に上陸した。台風は瀬戸内海を通過して岡山県倉敷市に再上陸した後、本州地方を横断するような進路を取り6月29日6時に三陸沖温帯低気圧となった。

台風が6月に上陸することは九州地方でも珍しいことであるが、1997年はこの8日前にも台風7号愛知県蒲郡市に上陸しており、6月に入って2つの台風が相次いで上陸したのである。6月に2つの台風が上陸することは珍しく、1951年以降の統計では1997年と2004年の2回のみである。

被害編集

  • 死者3人
  • 京都府のJR山陰本線で普通列車が脱線し、25人が負傷した。
  • 九州を中心に停電が発生した。

記録編集

外部リンク編集