8代目広岡 久右衛門(ひろおか きゅうえもん、1806年文化3年) - 1869年明治2年))は、大坂の豪商加島屋久右衛門家の8代目当主。正饒(まさあつ)。

来歴・人物編集

加島屋久右衛門家の5代目当主・正房の弟、加島屋次郎三郎の孫にあたる(7代目当主・正愼の実子ではない)。加島屋久右衛門家当主として、幕末期に幕府長州藩の双方と駆け引きを繰り広げ、激動の時代を巧みに乗り切る。

1869年(明治2年)、逝去した。三男の文之助が9代目当主(久右衛門正秋)となる。

登場する作品編集

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

備考編集

関連人物編集

外部リンク編集