広島大学学部長殺人事件

広島大学学部長殺人事件(ひろしまだいがくがくぶちょうさつじんじけん)とは、1987年昭和62年)7月22日に発生した殺人事件である。事件現場が大学構内であったうえに、後述のように犯人が現場に小細工したことからオカルト殺人として大きく報道された。

事件の概要編集

1987年7月22日の朝、広島県広島市中区広島大学東千田キャンパス(当時)構内にある、総合科学部学部長室で学部長(当時61歳)が、鋭利な刃物で胸や背中を4箇所刺され殺害されているのが発見された。死亡したのは前日7月21日の夜と推定された。

遺体は横向きに倒れていたが、遺体の首から下には毛髪交じりの黄色い砂がかけられ、遺体の周囲には、老眼鏡、入れ歯、煙草の吸殻、灰皿が30cm間隔に並べられていた。これは当時、一種の呪術ないし儀式的奇行と捉えられ、マスコミは「オカルト殺人」と騒いだという[1]

犯人の動機編集

広島県警広島中央署による捜査は難航したが、10月2日に同学部助手の理学博士(当時44歳)を逮捕した。被疑者1966年に広島大学理学部を卒業し大学院博士課程を中退後1970年11月に総合科学部の前身の教養部に助手として就職し、その後博士号を取得した。

被疑者の専攻は素粒子学であったが、同学部の素粒子学の教授2名が退官予定とされていたことから、ポストが開くことで自分が助教授(現在の准教授)に昇格すると思っていた。しかし、実際には学部長の専門である磁性物理学専攻の研究者が助教授に昇格した。殺害された学部長は1982年からその地位にあったが、被疑者と折り合いが悪く自分より若い助手が助教授に昇格するなど、以前から学部長に強い恨みを持っていたという。そのため、17年間も昇進できなかった恨みがついに爆発し、学部長を殺害するにおよんだという。

なお、遺体に砂をかけたのは被疑者によれば、遺体を穢すためと捜査を撹乱しようとする意図であったという。しかし、砂の中に混ぜた毛髪の中に他人だけでなく自分のものも入れたことから足が付いた。起訴された元助手は1989年5月12日広島地方裁判所懲役14年を宣告されたが、「潔く刑に服したい」として控訴せず[1]判決は確定している。

脚注編集

  1. ^ a b 明治・大正・昭和・平成 事件・犯罪大事典 p693

参考文献編集

関連項目編集