メインメニューを開く

刃物(はもの、英語:bladed object)とは、がついていて物を切断したり削ったりする道具総称[1]。刃という構造を持ち、何かを切断したり切削するための道具。「切れ物」とも言う[1]

概説編集

刃物とは、刃がついていて、物を切断したり削ったりする道具を広く指すための名称であり、概念である。

たとえば包丁小刀はさみなど[1]。(刃物はこうした「調理道具」や「工作道具」に分類されるものだけでなく)またさらに、など「農具」に分類されるものや、など「武器」に分類されるものも含まれる。

基本的には、刃に、取っ手(ハンドルグリップなど)をつけた形状をしていることが多い。刃物は、何かを切ったり削ったりするための道具で、様々な用途で用いられている。たとえば様々なものを加工するために用いられたり、調理の場面では(一般的に植物性や動物性の)食材調理するのに用いられたり、理容の場では髪の毛を切りととのえたりや無駄毛をそったり、あるいは医療や動物医療の場では人や動物など生き物の組織を切断することで手術を行って治療を行ったり、また(ハンティング戦闘 等々の場面では)傷つけたり殺したりするため等々、様々な用途で用いられているのである。

材質

材質(素材)としては、石器時代には石製の刃物(石を割ってできた、するどい断面)が用いられ、青銅器時代に入ると青銅製の刃物が、鉄器時代には製の刃物が登場した。 現代的な刃物は、主にステンレス)などの金属で作られている。(金属刃では、登山などでは特に軽量であることを求め(カトラリー(食器)などで)チタン製のナイフが(高価ではあるが)用いられることもある。)

またセラミック製の刃物も、近年(たとえばセラミックナイフ英語版などのように)相当に用いられるようになってきている。セラミック製の刃は錆びず、比較的に切れ味が落ちにくく(金属製刃物のように「とぎ」をそれなりの頻度でする必要もなく)、また金属アレルギーを回避できる、等々のメリットがあり、家庭で用いる調理包丁でも使用される割合が増しており、また手術で患者に金属アレルギーが起きそうだと判断される場合にそれを防ぎ予後を良くするためにセラミック製のメスを使用する病院もある。

生産地

生産地としては、ドイツゾーリンゲン、イギリスのシェフィールドなど、また日本では岐阜県関市や新潟県三条市、福井県越前市大阪府堺市兵庫県三木市高知県香美市が有名である。(なお日本の刃物づくりは、江戸時代の末まで日本刀を作っていた集積地や職人が、明治時代になり廃刀となり刀が売れなくなったので、やむなくその一部が一種の業種転換をはかり「包丁づくり」を始めた、という地域がいくつもあり、またそうした職人も多い(多かった)。) 金属製刃物の世界的な知名度では、ドイツ・ゾーリンゲンの調理用ナイフがその質の良さによって世界的に突出して知名度が高かった時代がかなり長かったが、最近は(特に2000年代や2010年代に入って加速度的に)和包丁もその良さが世界的に評判となり有名になってきており、世界の名だたるシェフの中に自身の調理用ナイフ群の中に和包丁をいくつか加える人も増え、テレビの料理番組[2]や書籍等でも紹介されることも増え、欧米の一般家庭の人も欧米の店で購入したり、また日本へ旅行する折に(築地合羽橋などの専門店へ脚を伸ばし)購入する人なども増えてきている。刃物鋼の原産地はスウェーデン島根県安来市が世界的に有名である。

一方、セラミック製刃物のほうは、その多くが、もともと陶磁器の生産地や生産工場だったところでそのノウハウを活かして作られる傾向があり、京焼の地で生まれた京セラ、また美濃焼瀬戸物の歴史がある美濃瀬戸[3]、等々で作られている。

具体例編集

法規制編集

犯罪や事故を防止するため、刃物をみだりに所持・携帯することは法令により規制されている。日本での主な規制は以下の通り。

  • 何人も、次の各号のいずれかに該当する場合を除いては、銃砲又は刀剣類を所持してはならない(銃砲刀剣類所持等取締法第三条)
  • 業務その他正当な理由による場合を除いては、内閣府令で定めるところにより計つた刃体の長さが六センチメートルをこえる刃物を携帯してはならない(同法第二十二条)
  • 第1条 左の各号の一に該当する者は、これを拘留又は科料に処する(軽犯罪法第一条)
    • 正当な理由がなくて刃物、鉄棒その他人の生命を害し、又は人の身体に重大な害を加えるのに使用されるような器具を隠して携帯していた者(同法同条2号)

また、都道府県によっては迷惑防止条例でも規制されている場合がある。

  • 何人も、公共の場所又は公共の乗物において、正当な理由なく、刃物、鉄棒、木刀その他人の身体に危害を加えるのに使用されるような物を、公衆に不安を覚えさせるような仕方で携帯してはならない(京都府迷惑行為防止条例)

等。

一方、製造・販売関連では銃刀法や武器等製造法が適用される刀剣類や銃剣を除けば都道府県により青少年保護育成条例での販売の自主規制が存在する程度である。

  • 刃物(銃砲刀剣類所持等取締法(昭和三十三年法律第六号)第二条第二項に規定する刀剣類を除く。以下同じ。)の製造又は販売を業とする者は、刃物の構造又は機能が、青少年又はその他の者の生命又は身体に対し、危険又は被害を誘発するおそれがあると認めるときは、相互に協力し、緊密な連絡の下に、当該刃物を青少年に販売し、又は頒布しないように努めなければならない(東京都青少年の健全な育成に関する条例第七条の三)

伝統的工芸品編集

出典・脚注編集

  1. ^ a b c 大辞泉「刃物」
  2. ^ 例えばマーサ・スチュワートも、和包丁を(自身のナイフ群のひとつとして)愛用していて、彼女がとりしきる『マーサの楽しい料理教室』という料理番組の中でも視聴者に和包丁の良さを説明・紹介している。他にも欧米のいくつもの料理番組で、和包丁が番組中で使用されたり紹介されている。
  3. ^ 例えば「minova knife」など(「美濃(みの)」にかけて「minova」(mino + nova =「新しい美濃」)と名づけられている)

関連項目編集

外部リンク編集